ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のドローン11 超軽量で耐久性の高いカーボン製紙飛行機型ドローン「Carbon Flyer」

これまでにも紙飛行機は紙以外のいろいろな素材で作られてきたが、カーボンファイバー製の紙飛行機が登場した。ずばり「Carbon Flyer(カーボンフライヤー)」と名付けられた飛行機は、一般的な紙飛行機と同じような形をしているが、翼の後部に小さなモーター式のプロペラが付いたドローンでもある。左右のプロペラを独立して制御することで、スマートフォンからコントロールができるようになっている。640 × 480ピクセルのビデオカメラもちゃんと搭載されている。

専用スタンドも付属(Trident Design提供)

本体のサイズはA4用紙で作る紙飛行機とほぼ同じで重量は42.5gと超軽量だが、スチールの100倍もの強度を持つカーボンファイバーに加えて、フレームの一部にはカーボンナノチューブで増強した樹脂を使っているだけあって、強度・耐久性とも従来のラジコン飛行機とは桁違い。普通に手で飛ばすこともできるが、先端のノーズコーンが障害物に当たったり、落ちたりした場合の衝撃を軽減し、失速しても壊れることなく何度でも繰り返し飛ばすことができる。プロペラ部分も壊れにくくなっている。

充電1回あたりの最長飛行時間は3分間で、その間はBluetoothでペアリングしたスマートフォンから、80ヤード(約73m)の距離まで、飛ぶ方向や本体の角度をコントロールできる。飛行中は高出力のLEDライトで昼夜を問わず位置が確認できるが、電池が切れても、形状が紙飛行機だけにすぐ失速することはない。バッテリー無しで飛ばす時専用のランチャーもオプションで用意されている。また、専用スタンドが付属しており、飛ばさない時はシンプルで美しいデザインを楽しめる。

Carbon Flyerを開発したのは、米国オハイオ州に拠点を持つTrident Design社。設立者のChris Hawker氏は何度も起業を続けてきた人物で、仲間と共に80以上の製品を市場に送り出している。Carbon Flyerは2013年5月にアイデアが生まれ、1年後にプロトタイプを制作。2014年11月にクラウドファンディングのIndiegogoで目標額の5万ドルを大幅に超える資金調達に成功しており、2015年7月の発送開始に向けた生産体制に入っている。25万ドルのストレッチゴール(追加目標)も達成して、スマートフォンからカメラやライトをコントロールできるように仕様がアップグレードされることになっている。

アプリで飛び方をコントロールすることもできるが、純粋に飛ばし方を工夫するだけでもかなり長距離を飛行させられそうなので、ラジコンや通常の形態のドローンとはひと味違った遊び方が楽しめそうだ。

スペック

Carbon Flyer
サイズ:長さ14.75 × 翼幅7 × 高さ3インチ(約38 × 18 × 7.6cm)
重量:1.5オンス(約42.5g)
飛行速度:時速40マイル(約64km)
飛行時間:約3分
内蔵カメラ:640 × 480ピクセル
動力:高出力7mmコアレスモーター
電源:リチウムポリマーバッテリー
参考価格:149ドル  2015年7月販売開始予定

関連リンク

クラウドファウンディングキャンペーンサイト
Facebookページ

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy