ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【独占記事】ジョシュ・ブローリンとマイルズ・テラー、消防士を描くアクション映画『No Exit(原題)』に出演
  • 【20人殺害】史上最もおぞましいカップルの恋愛映画『地獄愛』 胸キュン許さぬ狂気の予告編[ホラー通信]
  • 大仁田厚に技をかけられながら映画の見どころを語れ! 『Mr.タスク』『パージ』宣伝デスマッチ動画解禁[ホラー通信]
  • ただ可愛いだけのクマじゃない! ハラハラ&ホロリ満載の『パディントン』[映画レビュー]
  • 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』村上虹郎&寛 一 郎インタビュー「撮影を通し自然と“長男次男三男”になれた」
  • 劇場版『エグゼイド』『キュウレンジャー』製作発表会見「ネタバレできないんで」【写真】
  • 天使ならぬ“妖精”! 嵐・二宮「フェアリー・かずなりに改名します」名付けたのは吉永小百合
  • 【動画】映画『ブレードランナー 2049』、初トレーラーを公開
  • 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の最新予告編が公開
  • 祝アカデミー賞受賞! 辻一弘さんインタビュー「栄誉の大きさを改めて実感している」「ゲイリーだから出来た」
  • 「フランスではバナナバッグ、スペインでは腎臓バッグ……」ロック様が教える世界の”ウェストポーチ“講座!
  • 映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のファースト・トレーラーが公開
  • 【今週の“誰得”映画】きれいなイケメンは好きですか? 『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』
  • こんなに面白い映画があったなんて…… 映画『ローライフ』は絶望と暴力に彩られた正真正銘の“ヒーロー”の物語[ホラー通信]
  • まるでプロの犯行! 映画『インセプション』のMAD動画のクオリティが高すぎる
  • 「ご主人さまを探しています!」 韓国の少年少女たちの間で危険な“リアル”ペット文化が蔓延

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3/30付ビルボードジャパンチャートおよび3/16~3/22 RADIO ON AIR DATA発表

3/30付ビルボードジャパンチャートおよび3/16~3/22 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による3月30日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2015年3月16日〜3月22日)および2015年3月16日〜3月22日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

乃木坂46「命は美しい」フィジカル2指標とツイートで1位、ビルボード総合首位獲得

4形態でリリースされた乃木坂46「命は美しい」は、セールスとルックアップで1位、ツイートでも1位となり、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。前作「何度目の青空か?」はツイートでは3位で、今回は順位を上げての総合首位となり、知名度の広がりを各指標の順位でもアピールする結果となった。

セールス2位の[Alexandros]「ワタリドリ」は、同3位きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」に総合順位では逆転されることとなった。「もんだいガール」はエアプレイ4位、セールス3位、ダウンロード4位、ルックアップ30位、ツイート5位だったが、「ワタリドリ」はエアプレイ9位、セールス2位、ダウンロード20位、ルックアップ17位、ツイート13位と、セールス以外の指標によるポイント差を覆せなかった。

ダウンロードでは前週に引き続きwhiteeeen「愛唄~since 2007~」が1位。ルックアップ順位も64位から35位と上昇、ロングヒットに繋がるか次週のチャート・アクションが注目される。

ビルボードアニメチャートは“デレマス”からLOVE LAIKAがデビュー作が首位に

今週のBillboard JAPAN Hot AnimationはMXTV他「アイドルマスター シンデレラガールズ」からLOVE LAIKA「Memories」が初登場首位の座に着いた。

2015年1月から第1クールのオンエアを開始し、7月からは第2クールの放送も決定している人気アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」。今回首位を獲得した「Memories」はアニメ第6話にて披露された楽曲で、劇中に登場する新田美波とアナスタシアの二人によるユニット、LOVE LAIKAのデビュー作だ。

“アイマス”シリーズで上位にチャートを送り込んできたが、今回のアニメからはオープニング曲「Star!!」が最高3位だった為、初の首位を記録。エアプレイ、ダウンロードでのポイント獲得はならなかったが、セールスで2位以下に圧倒的な差を付けた。アニメチャート内ではツイートでも首位を記録しており、流石ソーシャルでもきっちり人気であることが分かる。

2位には先週1位から順位をひとつ落として映画『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』主題歌、miwaの「360°」がチャートイン。こちらは先週と同じくデジタル、ルックアップでポイントを積み重ねている。

メーガン、マドンナ、カーリー…3歌姫対決を制したのは? ロンソン&マーズ、ファレルらロングヒット組にも引き続き注目

今週のBillboard JAPAN洋楽チャートはメーガン・トレイナー、マドンナ、カーリー・レイ・ジェプセンという3歌姫による頂上対決となった。

見事1位を獲得したのはメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース~私のぽちゃティブ宣言!」。同曲はこれで見事に3週連続の1位獲得、20週目のランクインとなった。2位のマドンナ「リヴィング・フォー・ラヴ」は、エアプレイ・チャートで1位を獲得し、トップまで僅差に迫ったものの、デジタル・セールスの差を覆せず1位獲得とはならなかった。

その上位2曲を猛追するのが、カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。こちらはデジタルセールスが好調で、洋楽としてはダントツの1位。先週の4位から更に一つ順位を上げ3位につけた。今後、エアプレイの伸び次第では、一気にトップに押し上がる可能性がある注目作だ。

そのカーリーに押し出される形で4位となったマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」だが、いまだデジタル・セールスは堅調、十分総合1位圏内に控える。米Billboard Hot 100では11週連続1位という驚異的な強さを誇る同曲。ロンソン自身、3月24日には実に10年ぶりとなる単独来日公演を行うなど、日本でのPRがどう実を結ぶか。今後のチャート・アクションが見逃せない。

そのほか、8位のテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」は30週目のランクイン。さらに、9位のファレル・ウィリアムス「ハッピー」は62週目のランクイン、とそれぞれ大ヒット曲としてすっかり世の中に定着しつつある。既に今後の来日公演も決まっている両者だけに、この超ロングヒット2曲がこの後どう動くかにも注目したい。

第1位は秋川雅史のニュー・アルバム「ゴールデン・ヴォイス」名曲の数々を収録

今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、テノール歌手・秋川雅史の約2年振りとなるアルバムが初登場チャートインした。カンツォーネの名曲「Un Amore Cosi Grande」、オペラの名曲から「マッティナータ」などクラシックファンになじみ深い曲はもちろん、「ゴッドファーザー 愛のテーマ」や「気球に乗ってどこまでも」「お祭りマンボ」と幅広いジャンルの名曲が詰め込まれている。初回限定盤 特典DVDでは秋川雅史のコンサートやTV出演時の密着映像やロングインタビューなどを収録、ファンには見逃せないものとなっている。現在「秋川雅史コンサートツアー~一声入魂」全国で開催中。

2位には、海上自衛隊東京音楽隊の歌姫、三宅由佳莉のセカンド・アルバム「希望~Songs for Tomorrow」が3位以下を大きく引き離し、2週連続のチャートインとなった。“美しすぎる自衛官”として大きな話題をさらった、海上自衛隊東京音楽隊、3等海曹 三宅由佳莉による、待望のセカンド・アルバムだ。映画『アナと雪の女王』より「Let It Go~ありのままで~」「椰子の実」「花」など、誰もが知る名ソング集となっており、三宅自身も初の作詞に挑戦した意欲作。更に、先週に引き続きファーストアルバム「祈り~未来への歌声」も同時チャートインとなり、15位。今回が57回目を数える結果となった。

第3位には、アニメ「四月は君の嘘」のコンピレーションアルバム「四月は君の嘘 僕と君との音楽帳」が、なんと17週連続のチャートインを記録した。昨年10月よりオンエアを開始したアニメ「四月は君の嘘」は、新川直司による人気漫画を原作としてアニメ化したもの。中学生の天才ピアニストと、その同級生である天真爛漫なヴァイオリニストが、互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いた作品で、この二人が演奏する楽曲を中心に楽曲がセレクトされたアルバムとなっている。モデルアーティストによる演奏とゲスト・トークを交えた東京でのクラシックコンサートは初回から満員となり、その公演の場を岩手や関西へ広げている盛況ぶりだ。アニメのみならず原作も最終回を迎えたこのタイミングでの4月2日のフィナーレイベントでは、朗読と音楽と映像でこの作品を堪能出来るプレミアムな一夜となりそうだ。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。