ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

季節のいぶくろ。 第31回「生ハムで巻いた冬カキのソテー パクチーの香り」

TOP0302

隠れ家レストラン「shibuya bed」のシェフ・宮田さんとソムリエ・バーテンダー・宮地さんによる食の連載企画「季節のいぶくろ。」。
毎週、旬な食材を使った“簡単”なのに“オシャレ”な料理と、それに合うワインを紹介していただきます。食にまつわる豆知識も満載です。
さて、今回のメニューは…?

「生ハムで巻いた冬カキのソテー パクチーの香り」

宮田さん

宮田:今回のテーマは「冬カキ」です。今回は「生ハムで巻いた冬カキのソテー パクチーの香り」の作り方をご紹介します。

宮地さん

宮地:ワインは、こちら。「ハウスマルケ2013」です。オーストリアが産地のワインです。

宮田さん

宮田:カキには、肝機能回復、貧血予防、動脈硬化予防、生活習慣病予防など、栄養価が豊富。栄養価がとても高いようですね。今の時期、食べておきたい食材です。今回のレシピも是非試してみてください。

生ハムで巻いた冬カキのソテー パクチーの香り

new_ue

作ってみましょう!!

howto01 howto02 howto03 howto04

~料理のポイント~
・カキはしっかりと火入れをする。半生や生の臭みもなくなりますし、食中毒を防げます。
・生ハムで巻いているので、塩分はしっかりしています。カキに追加の塩はいりません。
・熱したフライパンにカキを入れる時に、生ハムの巻き目から入れると綺麗に焼き上がります。

今回の料理に合う、オススメのワインをご紹介。

new_wine

ミネラルを感じるワイン
ワインは一般的にその原料となる葡萄が植えられている畑の地中深くの土壌が味わいに影響を与えると考えられていますが、本当のところはどうなのでしょうか。ハンガリー国境近くのノイジードラー湖周辺はかつて海の底だったと考えられており、貝殻などが風化した石化質土壌が表土の奥に構成されています。
基本的に良い葡萄は水分を求めて地中奥深くに根を伸ばしている環境に置かれ、その過去に蓄積された土壌から水分以外の味わいの要素をその果実に宿らせると考えられていますが、その土壌由来の個性をストレートに感じるワインはそう多くはありません。モリッツのハウスマルケは塩味を帯びたミネラルをふんだんに感じる事のできる白ワイン。グリューナーの爽やかでハーブを感じる味わいとは別に貝殻石灰質由来の噛めるような風合いをまとっています。山あいで育つ葡萄から造られるワインながら魚介とも素晴らしい相性を発揮してくれます。やはり土壌というものがワインそのものに影響を強く与えている事を感じずにはいられないワインです。

shibuya bed
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2−23−13
電話:03-3476-6120(ご予約承ります)
OPEN:18:00~26:00(土曜・日曜・祝日定休)
shibuyabed ホームページ http://www.shibuya-bed.jp/
イラスト 米原千賀子/illustration Chikako Yonehara

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy