ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SKE48初のドキュメンタリー映画、地元名古屋にて先行上映会実施

SKE48初のドキュメンタリー映画、地元名古屋にて先行上映会実施

写真:左から佐藤、中西、古川、鎌田、北野、竹内、石原監督
AKB48一番目の姉妹グループとして2008年に結成したSKE48初のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』が2月27日より全国公開される。2月20日愛知・109シネマズ名古屋にて、全国公開に先立ち、SKE48誕生の地・地元名古屋にて先行上映会を行い、舞台挨拶にSKE48メンバー(佐藤実絵子、中西優香、古川愛李、北野瑠華、鎌田菜月、竹内彩姫)と石原真監督が登壇した。

この作品を見た感想についてそれぞれ、以下のように語った。

佐藤実絵子
内容が濃かったです。
でも、私たちは当事者なので、正直なところ見ると苦しいと思うようなシーンもありました。
初期の映像は懐かしいと思う一方で、あそこまで弱々しかったSKE48がどんどん強くなっていく姿を改めて見ると感慨深いです。
みなさんにも初期の映像をたくさん楽しんでいただきたいです。

中西優香
私にとって一番のみどころはエンドロールです!
本当のプライベートで撮った映像など、超秘蔵映像ばかりなのでしっかり楽しんでいただきたいです。
また、エンディングに流れる「僕は知っている」も、とても良い曲でレコーディングのときは泣きそうになりながら歌いましたので、是非エンドロールまで楽しんで下さい。

古川愛李
私も懐かしいと思える映像がたくさんありましたが、その分恥ずかしいです(笑)。
昔の自分の姿はなかなか見ることがないので、まだ今ほどキャラを出し切っていない“可愛い時期”もあったんだなと思いました(笑)。
一番最初頃の、いまとは少し雰囲気が違う私たちを見ることができますので、楽しみにしてください。

北野瑠華
先輩たちがいろんな壁を乗り越えてくれたおかげで、今のSKE48があると実感しました。
これからは、私たちの世代やこれから入ってくる7期生たちが、先輩たちのように
壁を乗り越えてSKE48をもっともっと盛り上げられたらと思います。
最近好きになって下さったファンの方も、私たちを少し気になっているという方にも、
是非見ていただきたい映画です。

鎌田菜月
私は6期生ですが、私が知らなかった頃のSKE48の姿がたくさんありました。
その頃の映像では、まだ普通の女の子のような表情だった先輩方がどんどんアイドルの顔に変化していく過程がみれて、私も将来こうなりたいと思わせてくれる映画でした。
また先輩でもこんなに泣いていたんだということを知って、驚きました。
(1期生が受けていたレッスンを)今の私たちが同じ厳しいレッスンに耐えるのは、正直自信がないです。
あのような状況に置かれたことがないというのが、まず経験の差なのだと思いました。

竹内彩姫
私は、先輩方の初期のレッスンの様子を見て“私たちももっとがんばらなければ”、
“もっと公演を大事にしなければ”と思いました。
これからは、“先輩のようになりたい”ではなく、ならなければならないのだと実感しました。

石原真監督
AKB48のドキュメンタリー映画1作目は5年間を描いてましたが、本作は6年半。
1年半も長い期間を扱っています。
これまでSKE48に在籍したのは125人、今日ここにいる佐藤さんと中西さんももうすぐ卒業しますが、
4月の時点で53人になり、6年半の歴史で72人の卒業生がいます。
その一人づつにドラマがあり、その一人ひとりに積み重なったドラマがSKE48なのです。
その歴史を、さらにいまのSKE48を語ることで再構築しているのがこの映画です。

ただ記録映像を普通につないだら6時間くらいの長さになってしまうので、
2時間弱の映画にするために、どうしてもカットしなければない映像もたくさんありました。
その映像はいつかロングバージョンも作ってお見せしたいと思います!

そして最後に、石原真監督とSKE48メンバー佐藤実絵子からの挨拶でイベントが終了した。

石原真監督
SKE48の本質とはいったい何なのか、またそのSKEスピリッツのようなものが
どのように生まれ、どのように後輩たちに受け継がれていくのかを描きました。

SKE48には卒業生が72人いますが、女性アイドルグループとしては
(卒業は)仕方のないことで、そういうものです。
しかし人生は続いていきます。
卒業した次の日から、今度は一人ひとりの人生が始まるのです。
今回、(卒業生の)その後の人生も描くことは、現役のメンバーにとっても大切なことだと思い、僕にとっては重要なポイントでした。
ファンの方は卒業生が続いて、少し寂しいと思っている方もいらっしゃると思いますが
SKE48は大丈夫です!
この映画を見ればわかります!

佐藤実絵子
まずは、この作品が完成したタイミングに、SKE48のメンバーでいられたことが良かったと思いました。
監督がおっしゃる通り、この作品には描ききれなっかったドラマやシーンもいっぱいあります。
今日も明日もあさっても、SKE48にはたくさんのドラマが生まれていきますので、この映画を見てくださったみなさんには「これからのSKE48の歴史を1秒も見逃したくない!」と思っていただけるように、そしてファンのみなさんが第2弾の監督ができるくらい(笑)応援していただけたらうれしいです。

映画情報
映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』
公開日:2月27日(金)公開
企画:秋元 康
監督:石原 真
出演:SKE48
主題歌:「僕は知っている」(3月31日発売17thシングルカップリング)
©2015「DOCUMENTARY of SKE48」製作委員会
公式サイトURL:www.2015-ske48.jp

関連リンク

SKE48 オフィシャルサイトhttp://www.ske48.co.jp
SKE48 avexオフィシャルサイトhttp://www.avexnet.or.jp/ske48/
SKE48 モバイルオフィシャルサイトhttp://www.ske48.co.jp/special/ske48mobile/
SKE48 Youtube Official Channelhttp://www.youtube.com/SKE48
SKE48 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/ske48official/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。