ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジア地域「働きがいのある会社ランキング」発表 1位「グーグル」、中小企業はオーストラリアが独占

アジア地域「働きがいのある会社ランキング」発表 1位「グーグル」、中小企業はオーストラリアが独占

世界で「働きがい」に関する調査・分析を行っている専門機関「Great Place to Work(GPTW)」は2015年2月5日、「アジア地域における働きがいのある会社」ランキングを発表した。

アジア8か国合計で900社以上の「従業員」に、全世界共通60問のアンケート調査を行ったもの。ランキングは「グローバル企業部門」、「大企業部門」(社員500人以上)、「中小企業部門」(同499人以下)に分けて発表が行われた。
日本からは「Plan・Do・See」と「ワークスアプリケーションズ」がランクイン

グローバル企業部門の1位は「Google」(インド、日本)、2位は「マリオット」(オーストラリア、インド、UAE)、3位は「エリクソン」(UAE、サウジアラビア)となった。日本に支社のある企業ではアメリカン・エキスプレス(4位)、マイクロソフト(7位)もランクインしている。

大企業部門でも、10位にウェディング事業などの「Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)」、11位にIT企業の「ワークスアプリケーションズ」の2社が入った。ワークス社は、世界各国から人材を採用。グローバル統一の評価制度および報酬制度を構築するなどし、「経営層への信頼」「仕事や会社への誇り」「会社内の連帯感」の3項目で高い評価を獲得した。ランクインに際し同社は、

「今後も、国内外の社員が働きがいを持ちながら互いに能力や技術を高め合い、新しいアイディアを創出できるような環境づくりに注力し、グローバル・テクロノジー・カンパニーを目指してまいります」

とコメントしている。
従業員が「会社や経営者を『信頼』できるか」

また中小企業部門でも、士業事務所をたばねる「トリプルグッド・グループ」(21位)、ソフトウェアの「Acroquest Technology(アクロクエスト・テクノロジー)」(24位)が選ばれた。また、この部門で目立つのは1位から8位、11位から20位までを独占しているオーストラリア企業の強さだ。

OECDの調査(2013年)によると、オーストラリアの年間平均労働時間(1676時間)はOECD平均(1770時間)より約100時間少ない。しかし年間平均賃金は5万449米ドルと、日本(3万5405米ドル)より大幅に高い水準にある。

GDPを就業者数で割った「労働生産性」も、オーストラリア(9万572米ドル)はOECD平均(8万4609米ドル)を上回っており、「幸福度」調査でも、3年連続で「1位」となっている。

もちろん「働きがい」の要素はそれだけではないが、日本人からすると十分羨ましく思える。では、日本企業が「働きがい」を高めるにはどうしたら良いのか。

GPTWの担当者は「働きがい」とは、安心安全に働けたり、給与が公正に支払われたり、福利厚生が整っていたりといった「働きやすさ」に加えて、組織に培われた「風土」のようなものが大切だと説明する。今回アジア地域のランキングとして発表されたのは初めてだったが、日本における展望についてこのように話している。

「一緒に働いている仲間と『連帯感』が持てるか。自分が行っている仕事に『誇り』が持てるか。会社や経営者を『信頼』できるか。そうした目に見えない会社の『文化』や『風土』のようなものが積み重なって、『働きがい』につながります。日本の経営者からも関心の高まりを感じますので、今後そうした指標を大切にする企業も増えてくるのでは」

あわせて読みたい:職場で「義理チョコ廃止論」続々 「出費が万単位で辛い」「お返しもくれない」
 

キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy