ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供から大人まで夢中になれる! ハウステンボス「ゲームの王国」体験レポート・前編

子供から大人まで夢中になれる! ハウステンボス「ゲームの王国」体験レポート・前編
 ハウステンボス(長崎県佐世保市)の人気イベント「ゲームの王国」が昨年末、第2弾として新規アトラクションを加えパワーアップした。Twitter上では「やだ…ゲームの王国楽しい…」「科学の進歩ってスゲーと思いました」などの声が上がっている。

 「ゲームの王国」とは、レトロゲームからリアル世界を活かしたバーチャルゲームまでが街全体で展開される大規模なゲーム空間のこと。2014年7月に第1弾が誕生し、3Dプロジェクションマッピングによる「太鼓の達人」や古今東西のゲームを集めた日本初の「ゲームミュージアム」、「お絵かき水族館」などが話題になった。

子供から大人まで夢中になれる! ハウステンボス「ゲームの王国」体験レポート・前編 第2弾では日本初・世界初となる最先端ゲームアトラクションが登場し、注目を集めている。そこで実際に記者が「ゲームの王国第2弾」で登場した、3つの最新アトラクションを体験してみた。

 まずは、ドームシアターを使ったシューティングゲーム「ドームシューティング360」。直径20mの半球型ドームは、ドームゲームができる施設としてはアジア最大の大きさとなり、最大40名が同時プレイ可能だ。

 参加者は1人1丁ずつレーザー銃を持ち、ドームに映し出された敵のエイリアンを力を合わせて倒していく。ストーリーは全3部に分かれ、クリアするごとにプレイ時間が伸びる仕組み。徐々に敵の手強さ・スピードが上がっていくので、レーザーを的に当て続ける集中力が必要だ。

子供から大人まで夢中になれる! ハウステンボス「ゲームの王国」体験レポート・前編 ハウステンボスの広報担当者はクリアする秘訣について「キャプテンの指示に従い、近づいてくる敵を順番に一斉射撃で倒していくこと」と話す。キャプテンが打つタイミングや位置を教えてくれるので、シューティング初心者でも楽しめる。テレビ画面やゲームセンターを超える迫力をぜひ体感してほしい。 子供から大人まで夢中になれる! ハウステンボス「ゲームの王国」体験レポート・前編 次に体験したのは日本初の最新VR(仮想現実)アトラクション「鳥獣ライド~巨大昆虫の暴走~」。ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」を使用する。このアトラクションでは、巨大鳥獣の島に不時着した主人公の目線で、島からの脱出を目指す。

 Oculus Riftを頭に装着すると、360度の視界すべてに異空間である鳥獣の島が広がる。さらに、主人公が乗る巨大鳥の動きに連動して乗馬マシンも動くので、本当にその島で自分が動き回っているかのようだ。

子供から大人まで夢中になれる! ハウステンボス「ゲームの王国」体験レポート・前編 広報担当者に「鳥獣ライド」をより楽しむコツを尋ねたところ「VR空間は360度方向に広がっていますので、プレイ中に前だけでなく横や後ろにも首を動かすことで、より没入感が広がります」と教えてくれた。

 さらに「大きく揺れているように感じるので、振り落とされないようにしっかり手綱をつかんでください。またプレイ中に叫び声を上げる方がいらっしゃいますが、ご遠慮なく叫んでください」とのこと。ストレス解消するつもりで、家族や友人と思う存分盛り上がろう。

 世界初の最先端SR(代替現実)ホラーアトラクションの体験レポートは、後半で紹介する。

(c)ハウステンボス/J-16165

■関連リンク
最先端SRホラーアトラクションが衝撃的な後編
日本にもいた「本場公認サンタ」
圧巻…湯船一杯にアヒルのおもちゃ

Scoopie Newsの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy