ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超大容量!『iPhone』を3回以上充電できるモバイルバッテリー『AMS-D100』

AMS-D100


ハンファジャパンは、同社ブランド『UMAZONe(うまぞん)』において、超大容量5200mAh汎用モバイルバッテリー『AMS-D100』を8月6日より発売しました。同社直販サイト『ハンファ・ジャパンUMAZONe本店』などウェブ限定発売で、価格は5980円(税込み)です。

『AMS-D100』は、繰り返し利用が可能な大容量リチウムイオン充電池を搭載した汎用モバイルバッテリーです。持ち運びやすいコンパクトサイズで、充電ケーブルには出入力ともにUSB規格のコネクタを採用。パソコンからの場合は11時間、ACアダプタを利用した場合は6時間でフル充電が可能です。

AMS-D100

『iPod』『iPhone』のほか、携帯電話、携帯ゲーム機など、USB充電に対応するモバイル機器の予備充電や補助電源として使用できます。内蔵バッテリーは、5200mAhとノートパソコンクラスの超大容量で、『iPhone 3GS』を積算で約340%(約3~4回)充電可能。もちろん、使用中(通話、Wi-Fi、音楽・動画再生など)の『iPhone』への充電もできます。

AMS-D100

バッテリー残量は7セグメントのブルーLEDで表示(0~99%)。『CHECK/STARTボタン』を押すことでバッテリー残量確認および給電を開始できます。先端部をUSBミニBまたは『iPhone/iPod』用ドックコネクタに切り替えできるオリジナルケーブルも付属。サイズはW41.8×D93.2×H26.5mm、重さ約120gです。
 
 

■関連記事
砂浜もOK! 水やホコリに強くておしゃれなフィンランドのモバイル用ソーラー充電池
使いやすくておしゃれでエコなニッケル水素電池&充電器セット『AN ECOL.』
どこでも充電できる! リーズナブルな携帯電話用小型ソーラー充電器『iCharge Pico』
USBケーブル不要ですっきりスマートに使える! 電池パック付き『Xperia』用クレードル
ドコモのスマートフォン『Xperia』対応のmicroUSB充電ケーブルをグリーンハウスが発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。