スペックコンピュータ、前後カメラの切り替えも可能なスマートフォン用リモートシャッター「Sonic Shot for Smartphone」を発売

access_time create folderデジタル・IT

スペックコンピュータは 10 月 2 日、複数台の同時利用も可能なスマートフォン用リモートシャッター「Sonic Shot for Smartphone」を発売しました。価格は、単体が 2,500 円+税、三脚とホルダーのセット品が 4,000 円+税です。Sonic Shot for Smartphone は、キーホルダー型の Bluetooth シャッター。これを利用すると、自分撮りの際にポーズの自由度が高まるほか、集合写真の撮影時にでもタイマーをセットすることなく好きなタイミングで撮影を行えます。ちなみに、これ 1 個で複数のスマートフォンを操作できるそうです。本体のシャッターボタンは超音波式を採用しており、ボタンを長押しすることで前後のカメラを切り替えられます。また、電源 ON / OFF ボタンもあるので、使わない時は電源を切っておくことも可能です。対応機種は Android、iPhone / iPad。スマートフォンには専用アプリ「Easy Shot」をインストールしておく必要があります。筐体サイズは 33 × 60 × 8mm、質量は 12g。カラバリはレッド、グリーン、ブルーの 3 色です。本体はボタン電池(CR2025) 1 個で動作します。Source : スペックコンピュータ


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Desire Eye(HTC EYE)は前面に1,300万画素カメラとLEDフラッシュを搭載、既存モデルに自分撮りのための新機能が提供されるという噂
Polar、アクティビティトラッカーとしても使えるGPSスポーツウォッチ「Polar M400」を10月下旬に国内発売
英国のスーパーマーケット Tescoが自社ブランドのAndroidタブレット新モデル「Hudl 2」を発表

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧