ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL シングル&アルバムリリース、米・欧・アジア含む7万人動員ツアーも開催

SCANDAL シングル&アルバムリリース、米・欧・アジア含む7万人動員ツアーも開催

日本のトップをひた走るガールズバンド・SCANDALが、9月28日に大阪・堂島リバーフォーラムで10日間開催していた「SCANDAL LIVE HOUSE “10”DAYS 『急に来てもらってゴメン。2014 ~新曲やるから聴いてよ~』」のツアーファイナルを迎え、次なるステージへの重大発表をした。

元々、彼女たちが普段なかなかツアーでは訪れることができない土地に“気まぐれで”ライブをしに行くツアー「急に来てゴメン。」

それをモジって行われた今回の“10”DAYS LIVE「急に来てもらってゴメン。2014~新曲やるから聴いてよ~」は、彼女達のホームとも呼ぶべき2都市…現在SCANDALの活動拠点となる東京で5日間、そしてSCANDAL生誕の地…大阪にて5日間の計10日で2万人を動員する。

まさしくタイトル通り全国のファンを「私たちのホームに遊びに来て!~新曲やるからさ!~」という“おもてなしの気持ちで迎え入れるライブ”といえる内容で開催された。もちろん宣言通り、珠玉の新曲をひっさげて。

ファイナル公演となった9月28日。開演前から“今日のSCANDALのライブ”に期待を膨らませる多くのファンが会場前につめかける。それもその筈。今回の“10”DAYSでは毎日セットリストが違い、何が飛び出すかわからない正真正銘の“ライブ”の音楽を届けてきたからだ。

開演時間ちょうど、会場が暗転すると、場外にまで響き渡る観客の歓声で会場中が震える。

ステージに上がったSCANDALは、楽器のチェックも早々にすませるやいなや、HARUNA(Vo.&Gt.)の「堂島、盛り上がっていこうねー!」の声を皮切りに、今年の夏、SCANDAL過去最高のヒット記録を更新したシングル「夜明けの流星群」でライブをスタートさせる。

会場はすでに一体となり、満員の会場の後ろまで彼女たちのパフォーマンスに応えるように手が挙がる。

HARUNAが「堂島ー!ファイナルー!!最後まで盛り上がってくよー!」という掛け声で会場を煽ると、「太陽と君が描くSTORY」そして続く「太陽スキャンダラス」が堂島リバーフォーラムのテンションを頂点へと押し上げていく。

HARUNAが「こんばんはーー、SCANDALです!SCANDAL LIVE HOUSE “10”DAYS 『急に来てもらってゴメン。2014 ~新曲やるから聴いてよ~』へようこそー!!」と挨拶をし、「今日はライブタイトル通り、新曲、やります!そして、いつもみんなが聴いてくれている曲も、やります!そしてそして、ちょっと懐かしい曲も…やっちゃいます!みんな準備はいいですか?今日はファイナル、堂島リバーフォーラムに集まってくれたみんなで、最高の夜にしようねー!!!!」とお決まりの言葉で宣言すると、TOMOMI(Ba.&Vo.)が会場をあおり、「瞬間センチメンタル」が会場へ放たれる。

続いて、1stアルバムに収録されている本ツアーでひさしぶりにセレクトされた「ひとつだけ」に観客が聴き入っていると、「星降る夜に」「STANDARD」とライブハウスを揺らすロックサウンドの激しい曲たちが駆け巡り、盛り上がるファンは息をつく暇もない。

HARUNAが興奮冷めやらない会場をみながら、「ほんっとに今日、熱い!!!みんな楽しんでる?早いもので、今日で10DAYS、ファイナルを迎えることができました。改めてメンバー、10DAYSやってみてどうだった?」とメンバーに問いかけると、RINA(Dr.&Vo.)が「このライブをやろうと思ったきっかけは、今活動している自分達の街・東京と、そして、私たちが生まれた(結成された)街大阪の大好きな街にみんなに集結してもらいたいって思って計画しました。ほんま、こんなに集まってくれて、ありがとう!」と感謝を述べながら、「アリーナやった後にこんなにライブハウスでやるって、アホヤん、絶対。前代未聞やん、やけど(私たちのライブを)楽しみにしてくれてて、いろんな場所から集まってくれるって、ほんとに感謝しかないです。ほんまに、ものすごく幸せな10日間でした。ありがとう!」とさらに感謝の気持ちをオーディエンスに伝えた。

「次は、まだどのアルバムにも収録していない曲、聴いてください『お願いナビゲーション』」とHARUNAが曲紹介をすると、今回のライブのタイトルにもなっている、“どこにも発表されていない曲”なのに、既に会場はSCANDAL色で染まる。この時点で確実にバンドとしての力をつけてきていることを改めて感じさせられた。続く曲も、新曲HARUNAが作った「Graduation」続く「スイッチ」は今日、ファイナルのために用意された激しいセットリストの中でもしっかり彼女たちの声と演奏を聴かせる曲。声が演奏が、会場に染みわたっていく。そして彼女たちが“ファンのみんなが育ててくれたLIVE曲”と公言する曲「会わないつもりの、元気でね」のイントロが流れると、会場中の拳が突きあがり会場から発せられる声も最大に。ライブもクライマックスへと向かう。

そして、今日10日間のライブの最終日に、HARUNAから嬉しい報告が。「新曲、どうだった?(会場:最高ー!)こうやって出来たばかりの曲をみんなに聴いてもらえることが、本当にうれしいです。さて、今夜は…報告があります。今ね、私たちアルバムを作っています!だいたい7割りくらいできていて、このライブの後に仕上げにかかろうと思うんだけど、6枚目のアルバム「HELLO WORLD」を12月3日にリリースします!」その発表を聞いて、会場には歓喜の声が響く。続けてHARUNAは、「今年は大阪城ホールや横浜アリーナの大きな舞台をやらせてもらって、私たちはその先のステップを目指し始めていて、その中で出てきた曲たちが“より良い未来を目指している”歌詞がたくさんあっていろんな思いを込めて『HELLO WORLD』と名付けました」

「次の曲はそんなアルバムの先行シングルにしようと思っています。『目を開ければ新しい僕がいる』という歌詞があるんだけど、そんな気持ちを私たちもみんなも持ってるんじゃないかな?と思って作った新曲です。11月19日にリリースする『Image』!」

SCANDALらしいバンド感と疾走感あふれるイントロが流れると、会場中の手が再び突き上げられる。

“10”DAYS LIVEもいよいよ終盤戦。RINAのカウントでMAMI(Gt.&Vo.)のギターがうねりをあげる。

「もっともっと叫ぼうぜーーー!EVERYBODY SAY YEAH!」とHARUNAが叫ぶと、会場中から“YEAH!”の声が発せられ、堂島リバーフォーラムが揺れる。「堂島もっともっともっともっと声出していこーぜーーー!!!」矢継ぎ早にRINAのスネアが鳴り響く。既にライブの定番曲となっている「Your song」で会場がうねる。「みんなだけで歌ってー」とHARUNAが会場をあおると会場の外にまで響き渡る“オーオーオーオー!”という大歓声。その声に応えるような満面の笑顔でメンバーがステージの上を走りまわる。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy