ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

倖田來未、世界初の360°バーチャルリアリティMVにロンドンっ子が大熱狂

倖田來未、世界初の360°バーチャルリアリティMVにロンドンっ子が大熱狂

各業界で話題騒然となっている最先端テクノロジー「オキュラスリフト」を用い、360°の映像世界を体感できるVR(バーチャルリアリティ)ミュージックビデオ「Dance In The Rain」の制作を発表した倖田來未。その作品が、英・ロンドンで開催されたアートフェス「TENT LONDON」にてデビューした。

天地左右360°に広がる映像のみならず、サウンドも立体音響を用いることで、視聴者を完全なる仮想現実世界へと誘う世界初のバーチャルリアリティ・ミュージックビデオとなっている今作。来場した、アートに敏感なロンドンっ子からも「Amazing!」「So excited!」といった歓声があがり、数ある展示物の中でも特に際立った盛り上がりを見せた。

体験者は、怪しいマスクマンに「オキュラスリフト」の装着を促される。すると同じマスクマンが「オキュラスリフト」のディスプレイ中の映像にも現れる。彼らのリーダーとみえる倖田來未のナビゲーションのもと、非現実的であり、理想郷のような、言葉にならない美しい世界に誘われる。360°を踊り回るダンサー達。自分自身も空中に浮いているような感覚…。そして立体音響の効果もあいまって、未感覚の世界に誘われる。

トータルディレクションを務めたYKBXからは次のようなコメントが届いている。

オキュラスリフトを使ったミュージックビデオというのは、元々早い段階で作ってみたいと思っており、より肉体的・精神的に体感できる映像・音楽体験というのは、初音ミクのボーカロイドオペラTHE END以降、自然と構想として出てきたものです。実際にアーティストとタッグを組んで、更に海外のアートフェスからこういった新しい試みをローンチしていくというのは、現在の音楽シーンにおいてムーブメント的にも凄く新しいし、インパクトのあるものだと思っています。
倖田さん自身、とてもクリエイティブな感性が豊かな方。他に事例が無い内容で、新しい事が盛りだくさんの企画でしたが、何度もディスカッションしていく中で、アイデアや細かなディティールの部分などでも積極的に取り組んで頂き、とても良いクリエイティブを相互でできたのではと思います。それによって作品の強靭さがどんどん増していけた事がとても印象的でした。
音楽の楽しみ方というのは、人それぞれではあると思いますが、楽曲の持つパワーであったり思いや世界観というのは、テクノロジーを駆使する事で、作り手側の持つイマジネーションをより自由度を持って、強く届ける事ができると信じています。人間の持つ、感覚というのはまだまだ未知数の部分もありますが、未来に向けて新たな表現の枠を広げていければと強く思っています。
-YKBX

過去に前例がないだけに、膨大な試行錯誤を重ね完成したことが想像される今回のプロジェクト。誰もが予想しえない仮想現実への体感世界を作り出したミュージックビデオは、エンタテインメントに対し常にチャレンジ精神とストイックな姿勢を持ち続ける倖田來未だからこそなし得た作品に違いない。

ロンドンでのリアルなリアクション、盛況ぶりから、今後の音楽業界に新たな可能性をもたらしたに違いない。日本では10月25日から開催されるTOKYO DESIGNERS WEEKにて出展予定。

なお、オフィシャルサイトでは未発表の新曲「Dance In The Rain」の試聴もスタートしている。

関連リンク

倖田來未 オフィシャルサイトhttp://rhythmzone.net/koda/
■倖田來未 facebookhttp://www.facebook.com/KodaKumiOfficial
■倖田來未 twitterhttps://twitter.com/KODAKUMINET/
■倖田來未 オフィシャル、モバイルファンクラブ「playroom」(共通)http://kodakumi.net/
■ファンクラブ倖田組(PC・モバイル・スマートフォン共通)http://fc.avex.jp/koda/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。