体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google PlayストアのAndroid Wearセクションがリニューアル、アプリがカテゴリに分類される

Gogole Play ストアアプリからアクセスできる Android Wear 対応アプリの特設ページが最近リニューアルされました。従来は、Google が認めた Android Wear 対応アプリ約30本をそのまま表示しただけの内容だったのですが、最近のリニューアルでカテゴリが追加され、整理されました。トップ画面には各カテゴリのフィーチャーアプリが数本並んでいます。

用意されたカテゴリは、「Google I/O 登場アプリ」(Google I/O 2014のデモなどで登場したアプリ)、「ソーシャルアプリ」、「便利ツール」、「コミュニケーション」、「ヘルスケア&フィットネス」、「仕事効率化」、「あなたの街と旅行先で」(地図・スポット検索・トラベルアプリ)、「ミュージックアプリ」、「その他のAndroid Wearアプリ」です。リニューアルによって、以前よりもアプリ数が増え、アプリも目的別に探せるようになりました。Source : Google Playストア


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Note 4に乗り換えると最大$200をキャッシュバックする下取りプログラムを米国で実施
Chromecastに追加予定の新機能「Backdrop」がAndroid上に表示される
ワイモバイル、2014年12月1日以降のMNP転出手数料を値上げ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。