体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気歌い手がインディーズデビュー! 魅惑の声を持つ“なゆごろう”インタビュー

なゆごろう

2月にインディーズデビューしたアーティスト・なゆごろう。物心ついた時から音楽に親しみ、12歳の時、インターネットに自分の歌声を公開したことからネット上での音楽活動が始まった。ネット上では多くのコメントを受けながら着々とファンを増やし、透き通った優しい歌声と本人のキャラクターのギャップから、現代のネット世代の女子中高生を中心に支持されるアーティストとして成長中の次世代型・女性シンガー。

なゆごろうのデビュー前からいままでの心境や、9月23日に控えたライブなどについてインタビューを行った。

なゆごろうインタビュー

――2月にインディーズデビューされましたが、デビューして変わったことはありますか?
なゆごろう:いままではインターネットで趣味でやっていたのが、CDを出させていただいてライブで人前で歌う機会も増えてきて、気が引き締まってきました。パフォーマンスの勉強をして、これからライブが成長していければ、と思っています。

――周りの人の反応はありましたか?
なゆごろう:特にないです。周りにはデビューしたことをあまり言っていなくて、『ニコニコ』にアップしている「歌ってみた」は「歌ってみた」として今も楽しくやっているので、そこまで変わったというのはないです。

――憧れているアーティストはいますか?
なゆごろう:最近aikoさんのパフォーマンスを観て衝撃的で、すごいなと思ったので、aikoさんみたいになれたらなと思っています。

――aikoさんのどういうところがすごいですか?
なゆごろう:aikoさんってライブでジャンプしたり回ったりお客さんとコール&レスポンスしたり、いきものがかりさんもなんですけど、歌ってない時でも飛び跳ねたりしていて。ライブでもそれぞれ世界観が出ているのがすごいと思って、尊敬しています。

――aikoさん、いきものがかりさんはいつごろから好きですか?
なゆごろう:いきものがかりさんは本当に好きでずっと聴いていて、aikoさんは最近聴いて好きになりました。ボカロばかり聴いていたので、実はJ-POPがあまりわからなかったんです。友達に「J-POPで何かいいのない?」って聞いたら「aikoさん!」と教えてくれて、そこから聴くようになりました。

――デビューしたいなと思ったのはいつごろですか?
なゆごろう:歌手になりたいと思っていたのは3歳とか4歳のときからです。小さいころから歌うのが本当に大好きだったんですけど、歌ってみたをはじめた頃は、まだ歌の仕事をしたいという決心がつかなかったんです。で、ファッションの学校に行ったんですけど、やっぱり違うなって思って。そこで改めて歌を仕事にしたいという決心がつきました。

――ファッションの学校に行って役に立ったことはあります?
なゆごろう:あんまりないです(笑)。不器用なので上手く行きませんでした。

――『ニコニコ』では踊ってみたもアップされていますね。
なゆごろう:踊りもやりたかったのでやっています。初投稿は07年にコミュニティメンバー限定でアップしました。そこから、踊ってみたで自分が「歌ってみた」で歌った曲が使われるようになっていったので、自分が歌った曲でも踊ってみたいって思って、『サディスティック・ラブ』とか『Heart Beat Music』とかをやってみました。「歌って踊ってみた」ジャンルがあまりないのでやってみようと思って。

――ボカロにハマったきっかけは何ですか?
なゆごろう:2007年ぐらいに『ニコ動』を観始めたんですけど、その時はボカロがあまり普及していなくて。最初は『ニコニコ動画』を観ていてもボカロにあまり興味がなかったんですけど、『メルト』とかが出始めてからかな。音がすっごく高いなと思って(笑) 『エアーマンが倒せない』とかをみんなが歌ってた時期も、まだ歌ってみようと思ってはいなかったんですけど、ボカロが流行ってみんながあげていくのを見ていて、自分もやってみたい!って思うようになりました。ボカロってアニメっぽいイメージを持たれることがあるんですけど、バラード曲がよかったり、J-POPみたいな曲もいっぱいあったりして、こういう曲をプロじゃない人たちが作っているというのに衝撃を受けました。

――自分で曲を作ることはありますか?
なゆごろう:まだないです。作詞はCDに入っている曲も1曲書かせて頂いたり、最近新しい曲でも書いたりしているのですが、曲を作るのはまだしたことがないです。

歌とのギャップが魅力 素顔が見える『Twitter』に注目!

なゆごろう

――話は変わりますが、『Twitter』がすごく元気だなと思いまして(笑)
なゆごろう:すごく言われます(笑) 柄にもないかわいい曲ばっかり歌っちゃってるので、私の性格を知っている人が聞いたらちょっとびっくりするんじゃないかなって。曲をいっぱい聴いている人からは「こんな子だったんだ!」とか「全然イメージと違った!」って言われるんですけど、もっと好きになったって言ってもらえるので良かったと思います。

――歌の時と『Twitter』の時で、どっちが素の自分に近いですか?
なゆごろう:素はもちろん『Twitter』の方が近いです。でも自分の声を聴いているとロックとか激しい曲じゃないなって思って。性格はちょっと激しいんですけど、歌う曲を探すとおとなしい曲になっちゃって。

――激しい曲に挑戦したことはありますか?
なゆごろう:もちろんあります。激しい曲も歌うのはすごく好きで。生放送ライブとかで歌うとやっぱり楽しいです。でも作品にするとなるとかわいい曲とかを無意識に選んじゃって。

1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。