ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ウィル・スミスの親バカが炸裂!! 『ベスト・キッド』はエンドロールがスゴいぞ!
  • 『KILLERS/キラーズ』でサイコキラー役を熱演! 北村一輝インタビュー「日本には無い独特の熱を感じた」
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、キャストたちがジミー・キンメルのトーク番組を占拠
  • 『カリフォルニア・ダウン』主演のドウェイン・ジョンソンに聞く “家族を守る強い男”になる秘訣とは?
  • シュワちゃんが『ターミネーター』ベルリン・プレミアに登場 T-800役は「自転車に乗るようなもの」
  • SF・ホラー・お色気・アート……映画祭一“クセがすごい”ゆうばり上映作品にご注目
  • スコット・イーストウッド、SF映画『Ecstasia(原題)』に出演交渉中
  • おや ニコラス・ケイジの様子がおかしい…… 日本刀片手にいざパキスタン! 映画『オレの獲物はビンラディン』珍道中写真
  • デス・プルーフ&狂い咲きサンダーロード&ウルトラセブンを爆音でオールナイト鑑賞! 『コアチョコ映画祭'18』
  • 「坐禅とは得るのでは無く捨てるもの」ホドロフスキー監督の説法&坐禅イベントに行ってきた
  • 真っ黒なタレに浮かぶ謎の物体……恐怖の「サイレントヒル・ラーメン」が登場
  • サム・メンデス監督、ジェームズ・ボンド次回作には参加しないと語る
  • 今知っておくべき国際的スター、窪塚洋介
  • 『アウトレイジ 最終章』北野武&大森南朋インタビュー「不条理な話はエンターテイメントとして面白いんだよね」
  • くらたま&岩井志麻子が言いづらい女子の悩みにエール「ずっと処女でも良い」
  • 映画『エクス・マキナ』のソノヤ・ミズノが映画『Crazy Rich Asians(原題)』に出演

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【ソルデジ】『iPhone 6 Plus』開封の儀レビュー この大きさは慣れが必要?

iPhone6 開封の儀

本日発売された『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』。既に多くの方が入手してるようだが、もちろん筆者も入手。そんなわけで早速開封の儀式を行いたい。購入したのは『iPhone 6 Plus』128GBモデルのゴールド。色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で容量はiPhone初の128GBモデルが登場。

『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』の違いはなんといってもその大きさの違いだろう。大きさが違うということはディスプレーが異なるということで、解像度ももちろん異なる。『iPhone 6 Plus』の方はフルHDの1920×1080となっている。一方『iPhone 6』は1334×750という解像度。薄さは『iPhone 6 Plus』の方が0.2mmほど厚みがある。

また『iPhone 6 Plus』はM8コプロセッサー、ジャイロセンサーと連携した光学式手ぶれ補正機能がある。これは望んでいた人も多いのではないだろうか。

開封してみる

『iPhone 6 Plus』も例外なく化粧箱に入っている。しかし今までより一回り大きい。また過去のシリーズと比べて異なるのが、箱に一切イラストや写真がないのだ。あるのは『iPhone 6 Plus』のデコボコだけである。まるでその中に存在しているかのように想像させてくれる箱である。

箱を開けると当然『iPhone 6 Plus』が入っていたシンプルな箱で、本体の下にはSIM入れ、そして更に下にはイヤホン、ケーブルに電源コンセントとなっている。取り出すと面白いことにカメラの出っ張り部分の穴が空いている。やはり気を遣わないといけない部分なのだろうか。

本体は数日前に記事にしたモックと全く同じである。本体横にスリープボタンが移動しており、そのほか大きな変化は無い。本体の形が丸みを帯びているくらいだろうか。

iPhone6 開封の儀 iPhone 6 Plus

実際に使って見て

数時間ほど使ってみての感想だが、やはり5.5インチと大きくなっただけあって手に持ったときの存在感はでかい。想像していたフリックのやりづらさは慣れを必要とするだろう。片手で全ての操作が不可能な場面が多々あり、もはや両手操作を想定して作られたスマートフォンである。

なんかの拍子に落としてしまいそうなので慣れるまでは慎重に扱うか、頑丈なケースと耐久フィルムを使用することをお勧めする。

『iPhone 6 Plus』は解像度が増えた分、ホーム画面に配置できるアイコンの数が縦一列増えたようである。幾分アイコンが整理しやすくなったかもしれない。また『iPad』のように横向きに持つことも想定して作られている。これはこの5.5インチという大きさなら使う人は多いのではないだろうか。またフルキーボードにも変化があり、カット、コピー、ペースト、カーソル移動ボタンが加わっている。

小さくて手にしっくりくる『iPhone 6』、様々なバージョンアップがされた高機能版『iPhone 6 Plus』みんなはどっちを選ぶ?

『iPhone 6 Plus』ホーム画面 横画面

『iPhone 6』表参道に5時の時点で80人が並ぶ! はちま起稿の元管理人も確認
https://getnews.jp/archives/669567

<おまけ>

歴代の箱 歴代の箱

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき