ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米ネットラジオPandora、権利団体BMGとライセンス契約で合意

米ネットラジオPandora、権利団体BMGとライセンス契約で合意

posted by Jay Kogami

米ネットラジオPandora、権利団体BMGとライセンス契約で合意。BMIとASCAPのカタログを配信へ

ネットラジオにとって大きな勝利です。

アメリカで登録ユーザー数2億人以上を誇る市場最大のネットラジオ「Pandora」が、国際的な音楽権利団体「BMG」と米国での配信におけるライセンス契約に合意しました。この契約はPandoraにとって非常に大きなアドバンテージになり、今後はビヨンセやジェイZ、アデル、ワン・ダイレクション、デヴィッド・ボウイなどアーティストやソングライターの楽曲が配信可能になります。

BMGは、アメリカで数多くのソングライターを代表する団体で、またブルーノ・マーズやフレーミング・リップス、ジョン・レジェンド、will.i.amなど大物アーティストの権利関係も管理しています。

PandoraはBMGと複数年契約で合意し、アメリカ国内のロイヤリティ徴収団体「BMI」と「ASCAP」が管理する楽曲カタログを配信する権利を獲得します。BMIとASCAPは、公共の場で演奏、放送された時に発生する使用量を徴収し権利者に分配する団体です。

PandoraとBMGは、契約におけるロイヤリティレートは明らかにしていません。

先月Pandoraは、2万以上のインディーズレーベルを代表する業界団体Merlinとライセンス契約で合意したばかりです。PandoraはMerlinに対して、月間7500万人以上のユーザーデータを共有するとしています。

今回の契約では、Pandoraは直接BMGと契約を結んだことによって、業界団体を介することなくライセンスを獲得しました。これによって、業界団体が定めるコレクティブ・ライセンス・レートに反対するレコード会社や作曲家団体にとって優位な契約が実現し、またPandoraもより多くのリスナーを獲得するためにコンテンツを拡充することが可能になります。

アメリカでは音楽ストリーミングサービスの人気が広がり、業界ユーザー数トップのPandoraもSpotifyやRdio,Rhapsody、Beats Musicなどのサービスとの競争が激しくなってきています。その中でコンテンツ拡充(+直接的ライセンス契約)はユーザー獲得を拡大するためのマーケティングやPRに活用できる武器の一つとなっていく可能性は高いと感じます。

■記事元http://jaykogami.com/2014/09/9121.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。