ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BLUE ENCOUNT、初の自主企画でインディーズラストライブを熱演

BLUE ENCOUNT、初の自主企画でインディーズラストライブを熱演

本日9月10日にEP「TIMELESS ROOKIE」でメジャーデビューを果たした<超共感型エモロックバンド>BLUE ENCOUNTが、デビュー前日となる9日東京・TSUTAYA-O Crestにて初めての自主企画イベント<BLUE ENCOUNT presents LIVER’S HIGH vol.1>を行った。

記念すべきインディーズラストライブにして、メジャーデビュー前夜となるこの日、記念すべき門出の会場に集ったのは04 Limited Sazabys、ヒトリエ、LONGMANというバンドの面々。フレッシュ魅力が瑞々しくも逞しいLONGMAN、モッシュ&ダイブが炸裂するエネルギッシュなステージを披露した04 Limited Sazabys、安定した演奏できっちりをオーディエンスをロックしたヒトリエと三者三様プレイスタイルでBLUE ENCOUNTへ祝福のエールを送った。

そして満員のオーディエンスが待ちわびる中、怒号のような歓声に迎えられてBLUE ENCOUTが登場。1曲目となる「TELL ME」を演奏すると、とたんにフロアのテンションはピークに達するほどに。「みんな怪我だけはしないように、楽しんで行こう!」パンパンに膨れ上がったフロアを気遣う田邊のMCの後には、この場にいたオーディエンスはもちろん、これまで支えてくれた多くの人たちに向けて演奏される「THANKS」。「ありがとう」という田邊の表情はもちろん、メンバーひとりひとりがとても充実した素晴らしい笑顔を見せていたのが印象的な瞬間だった。

そして「懐かしい曲やります」と言って奏でられた「走りだした感情」にファンは狂喜し、続いて「BLUE ENCOUNTを組んで始めにカバーした曲もやります」というMCからはメンバーのルーツでもあるELLEGARDENの「STARFISH」を躍動感たっぷりにカバー。フロアの熱はこれ以上上がりような無いというくらいのテンションにまで高まっていた。

さらに新作「TIMELSS ROOKIE」から初披露される「ロストジンクス」、多幸感たっぷりのアンセム「NEVER ENDING STORY」では大合唱が起こる。そのまま「ONE」へ流れこみこちらもコール&レスポンスの大合唱と思いきや、メンバーに演奏を止めさせ一旦リセットする田邊。そして「よっちゃん、やれるところ見せたれ!」とドラムの高村にヴォーカルの無茶ぶり。ひるむことなくステージ最前線でドラムレスの演奏のもと歌い出した高村に大歓声があがる。ヒートアップし過ぎた田邊は急遽当初のセットリストにはなかった「HALO」を演奏してから満を持して「MEMENTO」をプレイ。今回のデビューEPのリード曲ながらすでにオーディエンスにはしっかり浸透しており、今後の新たなアンセムの登場を予感させるに十分だった。

「俺たち絶対武道館はやりたいし、もちろんやるつもりなんだけど、フェスとかで大きいステージに立たせてもらうたびにこういったライブハウスのここから見える景色が恋しくなるし、尊いんだよ。明日メジャデビューするけど、変わらずやっていくからみんなついてきて、一緒に歌おう!」という掛け声のもと「HANDS」が演奏されると歌う者、泣き笑いする者、踊る者とBLUE ENCOUTの魅力をそれぞれの側面で受け取っているオーディエンスの姿が印象的だった。アンコールでは「STOROBO」と「VOICE」といったここ最近のセットリストにはなかった楽曲を披露して最後の最後までファンフレンドリーなイベントは幕を閉じた。

これだけリスナーが笑い、そして泣き、また踊り、歌う喜怒哀楽の祭典のようなライブを行うバンドはやはりBLUE ENOUNTならではだ。ライブを<居場所>と捉えその場に居合わせる全ての人を方を組める、そんな魅力はメジャーというフィールドでますます加速するだろう。本日メジャーデビューを果たすBLUE ENCOUNT、間違いなく注目に値するスーパールーキーである。

04 Limited Sazabys
ヒトリエ
LONGMAN
セットリスト@TSUTAYA-O Crest
1,TELL ME
2,マキャベリズム
3,THANKS
4,NOBODY
5,走りだした感情
6,STARFISH
7,ロストジンクス
8,NEVER ENDING STORY
9,ONE
10,HALO
11,MEMENTO
12,HANDS
アンコール
1,STOROBO
2,VOICE

関連リンク

BLUE ENCOUNT オフィシャルサイトhttp://blueencount.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。