ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

sukida dramas、1stミニアルバムより紅一点のエイリアンをフィーチャーした「C.A.T」のMVを公開!

5月にリリースした1stシングル「TEDDY BOY」が全国の音楽ファンを巻き込んで話題となったsukida dramasが、続いて9月10日にリリースする1stミニアルバム『Open The Sesame!!』より「C.A.T」のMVを公開した。

sukida dramas (okmusic UP's)

「Teddy Boy」「Kansas」に続く、MV第3段として公開された同MV。紅一点のキーボーディスト、エイリアンがヴォーカルをとるsukida dramasの新たな一面を感じることができる「C.A.T」を、メンバーが自主制作で完成させた作品となっている。

「C.A.T」MV
http://youtu.be/5WqEG4iDlDM

ミニアルバム『Open The Sesame!!』トレイラー
https://www.youtube.com/watch?v=tdtKNWnAseM

篠山コウセイ(Suck a Stew Dry) コメント
いつでも楽しませてくれるし、いつでも「それはそれでOK」って言ってくれる気がする。
偶然、街角やお店で流れているところに出会えたら「これって誰の曲ですか?」って聞いちゃうような、そんな音楽。

フルサワヒロカズ(mudy on the 昨晩)
一体どこから来たんだろう、名古屋ではないことは確かかな。
USインディポップも歌謡曲もいわゆるJ-ROCKもぜんぶ超特急で飛び越えてやってきた。そんな彼らの出世作!

タイラダイスケ(FREE THROW)
初めて彼らのライブを見た時の第一印象は「カラフル」だった。
ユーモアたっぷりの言葉選びやステージングは否が応にも目を奪われるし、それを軽薄に感じさせないだけの説得力を備えた音楽的挑戦とアイディアもある。
だからこそ、このガチャガチャ感が、とっても愛おしい。
さらに、彼らの何よりの魅力はちゃんと「毒」があるところだ。
それを色鮮やかな着色で、絶妙な味付けで食わせてくる。結局中毒。無垢そうな顔して確信犯。
今回「Open The Sesame!!」の音源を聴いて、この印象が薄まるどころがより濃くなっていることにまず驚く。単純に音が良い。
何が飛び出てくるか分からないアレンジや音色。声の魅力。
あのライブの光景が蘇ってくる。早くまた彼らのライブが見たい!

punpun(new house)
日々の色んな感情一つ一つを大事にしながら それらが丁寧に丁寧に、そして凄く元気に面白く!
楽曲・歌・演奏の細部まで落とし込まれているこの作品、本当に心打たれてます。
これ聴いた上でまた早くライブ見たいです。

竹内サティフォ(ONIGAWARA)
CDを再生して、みんなのシンガロングが聴こえてきた瞬間、『絶対いいバンドだ!』ってなりました。
僕が好きになるバンドの基準として『笑えるバンド』ってのが結構大事なんです。
この作品を聴いて、sukida dramasは『笑えるバンド』だと思いました。
多分この子達アホです!いい意味で!
頭を空っぽにして楽しめる気分爽快(by森高千里)な作品です!

若杉 厚介(TWO FOUR)
少し肌寒くなったキャンプ場の夜、さっきまでの騒ぎが嘘みたいに語り合っちゃったりしてしんみり、かと思ったら怖い話とかしてまた馬鹿騒ぎ、結局朝まで眠らず生き残りみたいに一人取り残されちゃったみたいな、で朝のいい景色を独り占めにしたりして。
良質な音楽はいつでもどっかに連れてってくれるけど、彼らは丁度いい距離(面倒くさくならない程度の)の程よく楽しい旅行に連れてってくれる。9月のリリースも丁度いいね!
あ、あと僕ミックスさせてもらってます。丁度いいくらいの広がりのあるミックスになってるのでそこも要チェックです。笑

ミニアルバム『Open The Sesame!!』
2014年9月10日発売
OBOCD-024/¥1,500(税抜)

ミニアルバム『Open The Sesame!!』 (okmusic UP's)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
sukida dramas オフィシャルHP
sukida dramas、ミニアルバム『Open The Sesame!!』のトレイラーを公開!

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。