ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メイクに「季節感」を入れるだけで、一気に旬顔に!

140904make.jpg
人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。
9月に入り、肌寒い日も多くなってきました。季節感をいち早く取り入れたファッションに身を包んでいると、気が利いていてバランス感覚のある素敵な女性に見えますね。
そこで今回は、季節感のある、旬な顔に見えるメイクのポイントをお伝えします♪

重厚感を出すこと

薄着の夏に比べると、秋は服装にボリュームが出ます。生地が厚めになったり分量も多くなります。そうなると、薄いメイクではバランスが取れていないイメージに。
夏の間は、メイクがくずれやすかったりベタツキが気になったりするので、薄めのメイクで過ごしていた人も多いと思いますが、秋からはメイクでもボリュームを出して重厚感を出すことが大切になります。

深みのある色を使う

重厚感を出す方法でもっとも簡単なのは、深みのある色を使うこと。澄んだ色は軽さを感じさせるので、やや濁りのあるダークな色を使うと深みが出ます。
手軽に取り入れやすいアイテムは口紅。ダークな色をつけると顔色が暗く沈んでしまう人は、調整しながら、バランスのよい色を見つけてみてください。

ベースメイクをマットにする

透明感のあるみずみずしい肌も素敵ですが、秋の装いには陶器のようなマットな肌がマッチしやすいのです。
パールやラメの入っていないマットな仕上がりのフェイスパウダーを使うと、マットな質感に見せることができます。
ただし、乾燥している肌にパウダーを多くつけるとさらに乾燥が進んでしまうことがあるので、スキンケアもより丁寧に行ってくださいね!
上記のポイントをふまえて、季節感のある旬な顔を目指してみてください♪
white make-up brushes image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
見た目で好印象を与えるカギは、小技より「清潔感」
男性が好むメイク、最大のポイントは「違和感の有無」
会った人に安らぎを感じさせる、アイカラーの選びかた

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy