ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中間管理職は頭よすぎでもダメ!?明智光秀から学ぶ上司との関係

中間管理職は頭よすぎでもダメ!?明智光秀から学ぶ上司との関係

戦国時代の武将・明智光秀が、当時、急速にその勢力を拡大していた織田信長に仕えたのは、1569年頃。史実が正しければ、当時、光秀は41歳。一方、主君である信長はイケイケの35歳。実は光秀の方が、少し年上だったのだ。光秀は新興勢力のトップとして軍団を率いる信長の才能を評価し、信長もまた、落ち着いた年頃で知識も経験も豊富な光秀を高く買った上での、「中途採用」であったのだ。

その後、常勝・織田軍団の中にあって、中間管理職的なポジションで、多くの重要な役割を担っていた光秀は、「中途採用組」であるにもかかわらず、その優れた実務能力と人柄で、織田家の人々から絶大な信頼を得るまでになった。しかし、織田家がさらなる躍進を遂げると、今度は「常識人」としての光秀と、「改革派」の信長との間に、徐々に軋轢が生まれることとなる。二人の溝は年月を重ねるほどに大きくなり、やがては信長が、他の家来の前で光秀を罵倒する場面も 珍しいものではなくなっていった。それこそ、現在で言うところのパワハラのオンパレード。そんな矢先に起きたのが、あの有名な本能寺の変である。

警備の薄い本能寺で、クーデターの発生を知った信長は、それが光秀によるものだと聞くと、すべてを悟ったように死を決した様子だったという。綿密な準備を怠らずに慎重に慎重を重ねて事に及ぶ光秀の方法論と手腕を、誰よりもよく知り、誰よりも高く買っていた信長だからこそ、自らの窮地が揺るぎないものであるということを悟ったのだろう。完璧過ぎるほどの手筈を整えてクーデターに成功したものの、光秀は、同僚であり、生え抜き組の羽柴秀吉によって成敗され、その生涯に幕を閉じた。

やはり、仕事で成功するためには、才能だけではなく、その才能を的確に評価し、重用してくれる上司との良好な関係が、誰にとっても必要不可欠のようである。

文・興津庄蔵Permalink | Email this | Comments

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。