ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

17歳の時から整形を重ね続けるセクシー美女、つぎ込んだ総額は1300万円

17歳の時から整形を重ね続けるセクシー美女、つぎ込んだ総額は1300万円

15歳の時に旅先で見つけたセクシー美女の漫画風似顔絵にすっかり魅了されてしまったイギリス在住のクリスティナ・ブテルさん(30)は、これまでおよそ13万ドル(約1300万円)費やして整形に整形を重ね、似顔絵そっくりの容姿を手に入れたのだが…。

金髪にぽってり唇、きゅっと尖った顎、そして豊かな胸―。風刺画風に描かれた紙の上の美女は、確かにバービーちゃんのようなセクシースタイル。この美女に自分の姿を近づけようと試みたクリスティナさんは、豊胸手術5回、唇注射、ボトックス、歯のホワイトニング、そして半永久的に維持できるメイクを敢行。

「初めてあの絵を見たとき、すっごく羨ましかったの。だってとてもグラマーで、私がなりたいと思っていたボディを兼ね備えていたから。まるで目の前にニンジンをぶら下げられた馬みたいに、できるだけあの絵に近づきたいって思ったわ」とその熱い思いを語るクリスティナさん。

子供の頃はお転婆で、オシャレにはまったく興味がなかったというから意外だが、容姿が気になりだしたのは14歳からだったそう。

17歳の時に行った生まれて最初の手術が豊胸で、6000ドル(約60万円)かかったそうだ。そしてそれ以降、あっちもこっちも整形が始まったのである。

「整形は確かに癖になるわ」と認めるクリスティナさんいわく、「手術の前は、まるでクリスマスイブみたいなの。目が覚めたら新しい自分が待ってるって気分は最高よ!」とのことだ。

現在30歳のクリスティナさん。自己改造の旅はまだまだ続きそうだ。

■参照リンク

・Woman Spends over $130,000 on Plastic Surgery to Look Like a Drawing

http://www.odditycentral.com/news/woman-spends-over-130000-on-plastic-surgery-to-look-like-a-drawing.html 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy