ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「いかに相手に気持ちよく話させるか?」狩野英孝の会話術のスゴさ

「いかに相手に気持ちよく話させるか?」狩野英孝の会話術のスゴさ

プロの社畜のみなさん、今日も残業に燃えているか!!「定時退社なんて都市伝説」と思っているだろうが、社畜の世界ではそれは間違いなく都市伝説だ。そんな時間に帰ることはまずない。

とはいえ、少しでも仕事をスムーズに進めて早めに帰宅したいところ。そのためには、誰もが認める仕事での成果が必要だ。そこで今日は、営業時に契約延長をもらうための術を教えよう。題して「狩野英考作戦」。この戦い方を提案しているのは、書籍『戦略的、めんどうな人の動かし方』の著者であり、心理カウンセラーの五百田達成氏だ。

まずは、ここであるエピソードを紹介しよう。ある老舗製菓会社に砂糖を卸している商社マンのことだ。

その彼は会社のワンマン社長とツーカーの仲。商談の際には一切、仕事の話をしないのだ。そこで何をしているかというと、社長が好きな野球チームの話ばかり。あーだこーだ、選手の好不調、監督の采配について話すのである。話すといっても、実際は社長のみ。散々社長の話を聞いたあとに、帰り際に「で、砂糖の件、前年通りでいいですよね?」と確認を取るのである。それに対して、「おお、もちろん」と、これで商談成立。年に何億という契約が無事に結ぶことができたのである。

ここでのポイントは、いかに自分が営業トークをするのか、ではなくて、「いかに相手に気持ちよくおしゃべりしてもらうか」なのである。

大切なのは、社長の贔屓チームの情報を集め、適度に相槌を打ちながら、楽しそうに話させること。

実はこのテクニックを意図的に使っている芸人がいるのだ。その芸人こそが「ぼくイケメン」の狩野英孝。とある番組で、夫婦円満の秘訣を聞かれた狩野は「奥さんの話をきちんときくこと」と返している。それだけなら至ってよくある話だが、狩野は続けてこう説明したのである。

「でも『お前の話を聞いてやるよ』というトーンではダメで、むしろ、『ねえねえちょっと聞いてよ』とまるで自分の話を聞いてほしいかのように話しかけ、結果的に相手の話を引き出すように持っていくのが大事なんです」と、言うのである。

五百田氏は、これを「狩野英孝作戦」と命名。営業で大切なものは、この狩野英孝作戦のなかに含まれている。

「『他の話をしているのに本題が進む』『話すフリをして話させる』という感覚、ぜひ身につけたいところ。『聞き上手』ではなく、最新の『話させ上手』テクニックを身につければ、ライバルに差をつけることができます」(五百田氏)

話し上手になるな、話させ上手になれ! それこそが社畜たちが都市伝説として細い目で見ている「定時退社」を可能にする唯一の手段なのだ。

【書籍データ】

・『戦略的、めんどうな人の動かし方』五百田達成著 クロスメディア・パブリッシング

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。