ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大森靖子、八丈島ライヴでファンと特別な夏休み——OTOTOYライヴ・レポート

大森靖子、八丈島ライヴでファンと特別な夏休み——OTOTOYライヴ・レポート

大森靖子が8月13日、東京の中心部から海をまたいではるか南の伊豆諸島にある八丈島のPotHallにて、ワンマン・ライヴ〈大森靖子の夏休み〉を開催。弾き語りでの演奏のほか、大森靖子&THEピンクトカレフのライヴや映画上映も行われた。ライヴ以外の時間も含めて、夏休みというタイトルどおりの特別な内容となった。今回はそのライヴのもようと、ライヴ後に企画主催者と舞台美術の担当者に行ったインタビューをお届けする。

この企画は、1年前の2013年の夏にも同じ場所で行われ、今回は2回目の開催となった。八丈島は羽田から飛行機で1時間ほど。船だと約10時間を要するが、大森の故郷である愛媛県とほぼ緯度が同じという意外な共通点もある。当日の飛行機が早くから満席となっていたこともあり、筆者は前日の夜に船で八丈島へと向かった。お盆の時期と重なり、こちらも個室やベッドがあるチケットは売り切れ。仕方がないので、船のデッキなどにシートを敷いて10時間過ごす”席なし券”での旅路となった。同じ船には多くの大森ファンも同乗。さらに、大森以外のピンクトカレフのメンバーも乗っていた。酒を飲みながらの船旅にメンバーもご機嫌で、深夜までファンと交流するなど、すでに貴重な時間がはじまっていた。船は翌朝、八丈島に到着した。

島は南国情緒あふれる植物などが多数あり、同じ東京都とは思えない景色が広がっていた。島には多数の海水浴場や温泉、植物園、牧場、山、滝などの観光地が多数ある。しばしの間、観光を楽しみつつ、ライヴがはじまる夕方に会場へと向かった。会場のPotHallは、島のほぼ中心部にある小さな音楽ホール。この場所に、大森と一緒に夏休みを過ごそうと全国各地のファンが集まり、地元の人たちも彼女をひと目観ようとライヴに参加した。

舞台セットは、「自殺」をテーマに制作されたこの日だけの特別仕様。背面には大きな棺桶を模した刺繍や「私ってかわいそう」と書かれたボードが飾られ、天井からは”ペニス柄”のクマのぬいぐるみ「ペニーベア」が首吊り。そこに混ざって、最近一部で話題となっている大森愛用のぬいぐるみ「ナナちゃん」も首を吊っている。さらに、舞台のいたるところにファンが提供した女性用下着や毛糸などで装飾された風船がぶら下がっており、これらは女性の胸や男性器を連想させる。場内のBGMが加地等「これで終わりにしたい」に変わると、真っ黒い衣装で顔に血のりをつけたピンクトカレフのメンバーと、薄いピンクの浴衣姿で頭に蝶の髪飾りをつけた大森がステージに登場。まるで死人のような出で立ちのメンバーのなかで、大森の儚げな美しさが際立っている。

キーボードを弾きながら大森がカーネーションのカヴァー「The End Of Summer」を静かに歌うと、ライヴはスタート。続く「KITTY’S BLUES」から、バンドも演奏にくわわった。大森がアコースティック・ギターを抱えて絶叫すると「hayatochiri」がはじまり、演奏のテンションは早くも最高潮。大内ライダー(Ba)は解き放たれたように頭を振った。川畑智史(Dr)がドラムを連打すると小森清貴(Gt)、高野京介(Gt)、大内が一斉にジャンプし「背中のジッパー」へ。「Over The Party」では、マイクを向けられた観客が全力で「進化する豚」と叫んだ。

大森が「こんばんは、大森靖子&THEピンクトカレフです」と満面の笑みであいさつ。続く「ミッドナイト清純異性交遊」では、ギターを手放した大森はスモークのなかで踊りながら熱唱。曲の途中で客席に身を乗り出すと、愛しそうに手を伸ばした。そのまま勢いを緩めずに「新宿」「絶対彼女」を演奏すると、「君と映画」では一転してゆっくりと客席を見回しながら歌った。ナナちゃんやこの日の衣装などについて話したMCを挟みつつ、ミディアム・テンポの「少女3号」を披露。曲が終わると同時に、まるで演奏に触発されたかのように小森の頭上の風船が激しい音を立てて破裂した。バンド演奏最後の曲は「歌謡曲」。静かにはじまった曲は後半にかけて次第に激しくなり、高野と大内は取り憑かれたように大きく躍動。大森が指差す先で小森のギターはノイズを発し、川畑は渾身の力でドラムを叩いた。客席が大きく沸き上がるなか、演奏は終了。大森は胸元で小さく手を振りながらステージを去った。

ここで、客席後方のスクリーンで、大森が監督したドキュメンタリー映画「非少女犯行声明」が上映される。昨年、八丈島を訪れたさいに撮影されたものや、数々のライヴ映像、大森自身が撮影したさまざま女子とのトークなどを編集した映画を、観客はじっくりと見入った。

映画が終わると、場内にアコースティック・ギターの音色が優しく響く。いつのまにかステージに戻っていた大森が、9月18日発売のメジャー・デビュー・シングル『きゅるきゅる』収録の「裏」をしっとりと歌った。続いて、ひときわ軽快なリズムで「ハンドメイドホーム」を披露すると、「デートはやめよう」では「エロいことをしよう」の大合唱が起こった。「エンドレスダンス」は、ひとりひとりに語りかけるように優しく歌う。客席の集中力が一気に高まるなか、場内は空調の音とホール内にある池の水の音、大森の歌とギターの音だけが響いていた。そして未発表曲を3曲続けて演奏する。そのなかの1曲「ノスタルジックJ-POP」は、「暇なときにメールするだけの君がちょっと大事すぎて気持ち悪いの」という歌詞が印象的だ。

MCはほとんどなく、拍手を挟む間もないまま立て続けに曲を演奏していく。ときにマイクから顔を遠ざけて生声を聴かせたり、歌の緩急を巧みに使い分けたりと、客席の緊張感を途切れさせない圧巻のライヴが続く。終盤には、夏をテーマにした曲を2曲披露。ぶら下がるステージの装飾を一瞬眺めたあと、まずは「サマーフェア」をかわいらしく歌いあげる。「それでは楽しい夏休みを八丈島で過ごしましょう」と小さな声で話すと、本編最後の「夏果て」をひと言ひと言を噛みしめるように歌った。退廃的な歌詞と舞台セットが重なり、曲の世界観がよりむき出しになって伝わってくる。曲が終わり、大森が深く礼をしながらギターをそっと地面に置く。しばしの沈黙のあと、大きな拍手が場内に響き渡った。

再び大森がステージに登場すると、客席は瞬時に静まり返り真剣な眼差しで見つめる。アンコールでは、EP『PINK』に収録された初期の曲を2曲歌った。「PINK」では、「いつの日か いつの日か」という大森の叫び声が悲痛に響き渡る。最後に「キラキラ」を演奏すると、沸き上がるような拍手のなかでライヴは終了した。大森はそのあとにもう一度、ピンクトカレフのメンバーとともにステージに登場し、無邪気な笑顔を客席に見せた。

ライヴ後、大森は浴衣姿のまま撮影に応じるなど、遠くから訪れた多くのファンひとりひとりと触れ合った。そんな光景を横目に、この企画の主催者で八丈島出身の小崎新矢と、衣装と舞台美術を担当した増田ぴろよに話を伺った。企画や舞台、衣装に込めた思い、そして大森の魅力などを語ってもらった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy