ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界的な「アナログレコード」人気復活の裏側で浮上する問題点

世界的な「アナログレコード」人気復活の裏側で浮上する問題点

posted by Jay Kogami

世界的な「アナログレコード」人気復活の裏側で浮上する問題点

これも成長のために避けられない道ですね。

近年、欧米の若者を中心にアナログレコードの人気が復活し、売上枚数は過去最高水準に迫る勢いで毎年増加しています。その一方で問題として浮上してきたのは、アナログレコードのプレス工場の設備不足のため、世界中からオーダーに見合うスピードで製造することが困難なことが問題になりつつあります。

チェコにある世界最大のプレス工場GZでは、今年2月に1日だけで4万2000枚のアナログレコードをプレスするほど現場はフル稼働体制で生産しています。GZはさらに6台の中古のプレスマシーンを購入し、受注に見合う製造規模を拡大しようと試みています。しかし、これらのマシーンの半数を正常に作動させることは難しいと伝えられています。

アナログレコードの人気は依然として衰えを見せること無く拡大して、2014年上半期だけでアナログレコードの売上は前年比40%増加しました。また調査会社ICM Researchの調査結果によれば、フィジカルで音楽を購入した中の15%はコレクションを目的に購入しているとレポートしています。

イギリスのミドルセックスにあるプレス工場 Vinyl Factoryのクリエイティブ・ディレクター、ショーン・ビダー(Sean Bidder)は

「アナログレコードの売上はまだ今後も成長するでしょう。大勢のティーンネイジャーがアナログレコードのファンになりました。デジタル音楽しか知らずに育ってきた世代にもかかわらずです。」

と述べています。

Vinyl FactoryではThe XXのスペシャル・エディションからエルヴィス・プレスリーまで、幅広いジャンルのアナログレコードを製造しています。

Vinyl Factoryの製造ディレクター、アダム・テスキー(Adam Teskey)によれば、毎年4月に開催するアナログレコードをアーティストとファンが一緒に楽しむイベント「レコード・ストア・デイ」はアナログレコード好きにとっての「新しいクリスマス」となり、稼働ピークもこれまで最もオーダーが集まっていた10月〜12月から移行したと述べます。

さらにアナログレコード人気復活は、レコード会社にも答えのない問を投げかけています。レコード会社は、どれくらいのボリュームのアナログレコードを製造すればいいか、売り切れたらどうするか、ファンは製造が追いつくまでまってくれるか、といったアナログレコードの製造と供給の関係で起こる難問を考えなければならなくなりました。現在ではメジャーレーベルからリリースされる新作だけでなく、インディーズレーベルからのリリースもアナログレコードで販売されるようになっています。従って購入することにプレミアム感を付与できるアナログレコードをリリースするタイミングと枚数の確保は最重要課題になります。

日本でも少しづつですが人気の兆候が現れ始めたアナログレコード。世界ではアナログレコードはデジタル音楽世代が体験したことのない、所有欲を満たしてくれる音楽の楽しみ方として、新しい付加価値を届けてくれています。はたして日本にも新しい音楽の楽しみ方が浸透する時代が来るでしょうか?

■記事元http://jaykogami.com/2014/08/8965.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy