ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気レゲエ歌手が「クラブの存在意義」について連投ツイート 分かり易い例えが共感呼ぶ

人気レゲエ歌手が「クラブの存在意義」について連投ツイート 分かり易い例えが共感呼ぶ

レゲエミュージシャン(ディージェイ)としてシーンで人気を誇るHIBIKILLA(ヒビキラー)が、8月27日、風営法問題などでゆれる「クラブ」の”存在意義”についてツイッター上で持論を展開した。

近年、「無許可で集まってダンスしてはいけません」と意訳されることもある風営法の中の条項により、営業停止に追い込まれるクラブが続出している。そんななかHIBIKILLAは、アーティストという立場から1年半ほど前より風営法問題に取り組んできたそうだ。そして、ロビー活動やクラブ周辺の清掃活動まで、様々なことをやるなかで常に考えてきたのが、「クラブの存在意義」だったという。

これについてHIBIKILLAは、「『なんでクラブじゃなきゃダメなの?フェスじゃダメなの?ホームパーティーじゃダメなの?』という種々の素朴な疑問に自分は回答出来るのか、ということをこの1年間ほど自問し続けてきました」と説明しており、27日に投稿した連続ツイートでは、これに関する持論を述べた。

まずHIBIKILLAは、”クラブ擁護派”がよく口にするという「自分達は音楽を純粋に楽しんでいるだけなのに!」という”正論”を取り上げるが、これは、「純粋に音楽を楽しむなら家(ライブハウス、フェスetc.)でも出来るよね?」という”さらなる正論”への回答とは言えないとした。

そして、クラブの前身である「ディスコ」が生まれた経緯、そこで流れていたダンスミュージックが海外諸国で持っていたアイデンティティ的な価値について解説したうえで、そのような歴史的・文化的基盤がない日本において「なぜクラブが存在すべきなのか」に関して、知人のテクノDJの言葉を借りたとして以下のように述べた。

「腕立て伏せは家でも出来ます。でも体を鍛えたい人の多くはジムに通う。音楽は家でも聴けます。しかし音楽を楽しみたい人の多くはクラブに通う。『家でやれば?』『家じゃダメなんです!』」

「ジムでは隣の人と全く会話すらしないかもしれない…が、何故か連帯感が…。ジムではプロ格闘家にスパーリングでコテンパンにやられるかもしれない…が、何故かモチベーションアップ…」

「考えてみるとそうしたスポーツジムのような音楽の楽しみ方が出来る場はクラブをおいて他に無い。モテるのが目的の人、力を付けたい人、プロを目指す人、そこにしかない出会いを求める人…いやあ似てる!」

このように連続でツイートし、最後に、「…というわけで、『何でクラブなの?』という問いへの適切な答えは、『スポーツジムと一緒』ではないかと」と結論付けた。15件以上に及んだこの連続ツイートは、クラブミュージック関係者に多数リツイートされ、多くの共感を呼んでいる。

■参照リンク

・Hibikilla Twitter

https://twitter.com/hibikilla30 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。