体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にもSXSWやMIDEMのようなイベントを — カンファレンス&ライブ複合型フェス「THE BIG PARADE」インタビュー

日本にもSXSWやMIDEMのようなイベントを — カンファレンス&ライブ複合型フェス「THE BIG PARADE」インタビュー

日本にもSXSWやMIDEMのようなイベントを
国内外の音楽ビジネスキーパーソンとエッジィなアーティストが代官山に集結
カンファレンス&ライブの大型複合フェス「THE BIG PARADE」インタビュー

ユニバーサル ミュージック合同会社
デジタル事業開発部 本部長
THE BIG PARADE Co-founder
鈴木貴歩(すずき・たかゆき)

MTV Networks Japan株式会社
広告営業本部 本部長 兼 デジタルメディア事業本部 本部長
THE BIG PARADE Co-founder
牧野晃典(まきの・あきのり)

※写真左から、牧野氏、鈴木氏 (取材にあたって、特別にイベントTシャツを着て頂きました!)2014年08月29日前半掲載2014年09月09日後半掲載

 2014年9月13日、14日、15日の期間、東京・代官山エリアで音楽とテクノロジーの両軸を備えたカンファレンス&ライブの複合型フェスティバル「THE BIG PARADE 2014」が開催される。国内ではこの手のイベントが海外に比べなかなか定着してこなかったが、ITと音楽のクロスオーバーが加速していく中で、いよいよ日本にも”音楽 × テクノロジー”イベントの時代が到来しつつある。
 音楽のみならず、ソーシャル/次世代メディア、広告、スタートアップ、クリエイティブ、IT、メーカー等々、各方面からもキーパーソンを招き、音楽マーケットを本格的に動かすという意味合いも込められたこの「THE BIG PARADE」。イベント共同創設者であるユニバーサルミュージック鈴木氏とMTV JAPAN牧野氏に話を伺った。
(Jiro Honda)

※【NEW!】インタビュー後半

関連リンク:THE BIG PARADE 2014

音楽業界の中心から音楽を活性化させるイベントを

── THE BIG PARADE立ち上げの経緯というのは?

鈴木:音楽ビジネスをテーマにした見本市、カンファレンスイベントというのは、海外では、アメリカのSXSW、イギリスのThe Great Escape、ヨーロッパならMidem、そしてアジア地域のMUSIC MATTERSなどがあります。ですが、日本にはそこまでの規模のものが今までなかったので、日本の音楽業界の中心発で、国内の音楽を活性化させるイベントがあったらいいなと以前から考えていました。そういう時に、牧野さんも同様の意識をお持ちだったので、一緒にイベントをやりましょうと声をかけたのが始まりですね。

── やはりSXSWの影響はありますか?

鈴木:昨年SXSWに行ったときも、音楽ビジネスとITやスタートアップとの交流が盛んに行われていて、そういう動きが日本にも必要だと改めて感じました。

牧野:SXSWはイベントそのものがとにかく素晴らしいんですね。こんな良いイベントがなぜ日本に無いんだろうと単純に思いましたし。日本の音楽産業がもっと盛り上がる為にも、こういうイベントは必要だろうと。

── 鈴木さんも牧野さんも、海外と接点を持つお仕事をされていますね。

牧野:個人的には、MTV81を手がけていることは少なからず関係していると思います。その運営において、日本の音楽ビジネスが海外でどう捉えられているかというのは否が応でも実感しますし、昨今、アジアの音楽が世界に出て行っている中で、日本の素晴らしい音楽ももっともっと海外に発信していきたいと感じています。

鈴木:私も外資系のレコード会社にいるので、日々海外の情報に接しているのですが、業界の中でもポジションによっては世界の動きに接することが少ない場合もあると思うので、日本の業界の方々が良い意味で足並みを揃えて、海外の状況などを共有する機会や場は必要だと感じています。

▲音楽ビジネスに関連した広告やクリエーション、ソーシャルメディアの第一人者も招き、次世代のビジョンを発信するという。

他の業界で起きていることを音楽業界でも

── このイベントを通して、どういう事を伝えていきたいですか?

鈴木:国内外の音楽ビジネスに関してはもちろん、IT業界やスタートアップ周辺の知識も共有できたり、他の業界の様々な人と出会える場にしたいです。音楽業界とITやスタートアップビジネスの双方向の交流も期待しています。

 ▲鈴木氏 とはいえ、私は自分が今いる会社の立場から「こうした方がいいですよ」と考えてやっている訳では全く無く、THE BIG PARADEのような場をつくることによって、情報や人が繋がり、音楽を活性化させる動きが自然発生的に起きることを願っています。

 広告業界のデジタルのイベントに何度か参加させていただいたことがあるのですが、そこにいらっしゃった方々が繋がることによって新しいビジネスが産まれ、広告業界が動くのを目の当たりにしました。今年、アドテクノロジー系イベント発のサービスのIPOも相次いでいます。そこには色々な要素があるかもしれませんが、そうしたイベントが一つのきっかけにはなっていると思います。

── なるほど。その形を音楽でも作れないかと。

鈴木:音楽フェスやイベントなど、”場”がとてもパワーを持つ時代になっていますよね。音楽のビジネス面においてもそういう”場”を作ることによって、みなさんに何かしらのインスピレーションを得て頂ければと。

牧野:私はメディアの人間なので、今鈴木さんが仰ったことや伝えたいことをきちんとメディアの立場から届けていきたいですね。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。