ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニーミュージックが音楽人養成クリエイティブ講座フェスを始動「Sonic Academy」 インタビュー

ソニーミュージックが音楽人養成クリエイティブ講座フェスを始動「Sonic Academy」 インタビュー

“真の音楽人” 育成を目指して
ソニーミュージックが音楽人養成クリエイティブ講座フェスを始動
「Sonic Academy」インタビュー

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ 執行役員専務
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント チーフ・ゼネラルマネージャー
高木 伸二(たかぎ・しんじ)
※高は実際ははしごだか

 ソニーミュージックが初の音楽人養成クリエイティブ講座フェス「Sonic Academy」を9月13日より開催する。3日間におよぶ会期で行われる講座は40を超え、豪華な講師が登壇するユニークかつ現場直結な授業内容が同フェスの大きな魅力だ。ソニーミュージックのノウハウ、また、第一線で活躍する講師陣のヒットの秘訣を知ることができる貴重な機会となるだろう。”講座フェス”「Sonic Academy」の狙いや今後の展開についてお話を伺った。
(Jiro Honda、Yuki Okita)2014年08月22日

関連リンク:Sonic Academy

レコード会社ならではのノウハウをフェス感覚で伝える

▲株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント チーフ・ゼネラルマネージャー 高木伸二氏
—— 「Sonic Academy」の開催を初めて知ったとき、ソニーミュージックもいよいよこういうイベントを手がける時がきたか、と思いました。

高木:実は、十数年前から教育事業にトライしようというアイデアは何度も出ていましたが実現できていませんでした。今回は、レーベルの新企画プロジェクトと、ソニー・ミュージックエンタテインメントのCPグループ(音楽制作のサポート部門)、さらにSDグループ(新人開発部門)で、ほぼ同時期にエデュケーション系の企画が持ち上がりました。去年SDで実施した、いしわたり淳治さんの講座がとても好評だったので、もっと規模を大きくしてフェス感覚で自分の好きな講座を選べたらいいよね、という話から部門横断的な企画として「Sonic Academy」に至りました。

—— これまで培われてきたソニーミュージックのノウハウが開放されるといいますか、貴重な機会になりそうですね。

高木:我々ソニーミュージックは、アーティストをはじめ、作曲家、作詞家、アレンジャー、プロデューサーなど様々な才能を持った方々と長年接してきました。そして、そこで得られたノウハウというのは、やはりレコード会社ならではのものだと思います。ですので、「Sonic Academy」ではそのノウハウを学校とは違う我々なりの届け方で伝えていければと考えています。

—— 講師のみなさんもとても豪華です。

高木:現在も第一線で活躍されていて、今の時代の考え方や、音楽の真髄を伝えていきたいという意識を持たれている方々が揃いました。講師のみなさんも、ご自身の持っているノウハウを発信することに対し、とても興味を持っていらっしゃるようです。

—— 初めての開催でいきなり3日間というのは、ソニーミュージックさんの本気を感じますね。

高木:思い切りましたね、実際走り出してから大変でしたが(笑)。でも、夏フェスや文化祭のような雰囲気を出すためには、これくらいのスケール感があった方がいいですからね。タイムテーブルを見てスケジュールを考えるワクワク感ってあるじゃないですか。エンタテインメントを提供する会社なので、そういった楽しさの要素はきちんと演出したいなと思いました。

講座数は40以上、第一線で活躍する豪華な講師陣

ソニーミュージックが音楽人養成クリエイティブ講座フェスを始動「Sonic Academy」 インタビュー(2/4)

“真の音楽人” 育成を目指して
ソニーミュージックが音楽人養成クリエイティブ講座フェスを始動
「Sonic Academy」インタビュー

講座数は40以上、第一線で活躍する豪華な講師陣

▲いしわたり淳治氏、冨田恵一氏、岸田繁氏ら豪華な講師陣
—— 講座数は40を越えるということですが、それぞれ濃い内容ですね。

高木:作詞や作曲はもちろん、アレンジ、DTM、レコーディングなどからビジネス的な内容のものまであります。あまりオモテに出ることのないプロフェッショナルな現場の生の声が、講座というきちんとした形で聞ける機会は中々ないことだと思います。

—— 普段、ネットや雑誌で得るものと本物は違うでしょうね。

高木:音楽に本気で携わりたい、そして現在携わっている方にもきっと満足していただける内容になっていると思います。その上で、初心者の方も楽しめる講座もありますので、間口を広く用意させていただいています。

—— それぞれ興味深い講座ばかりなのですが、その中でも高木さんが注目している講座はありますか?

高木:個人的に仕事で関わっているということもあるのですが、松井五郎さんの講座です。松井さんはいつも我々の意図を汲み取りつつ、作品にしていただける。そのクリエイティビティには、毎回本当に驚かされますし、深く感銘を受けますね。松井さんは今回担当していただく講座のためにわざわざ曲を事前に提供して、参加者の方に詞を書いてきてもらったりと、既にモチベーション高く取り組んでいただいています。

—— まさに実践的ですね。

高木:あとは、須藤晃さんの講座も面白いと思います。元々弊社の社員として尾崎豊や浜田省吾を手掛けていた方で、私がA&Rの中で一番尊敬している方です。彼がなぜ浜田省吾や尾崎豊に目を付けたかというのは、制作側にとっても興味深いところですよね。彼の講座では、アーティストのどこに魅力を感じ、作品を一緒に作っていこうと思ったかを赤裸々に語っていただけると思います。須藤さん自身もこういった話をするのは初めてだそうですよ。

—— 貴重な講座になりそうですね。

高木:他にもCHOKKAKUさんの「楽曲ビフォーアフター・アレンジ講座」では、アレンジやエッセンスひとつでサウンドが大きく変わるということを実感させてくれると思います。楽曲が持つ無限大の可能性を学べると思います。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy