ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅館の人が見せた心遣いに「クソワロタww」「気を使いすぎw」

旅館の人が見せた心遣いに「クソワロタww」「気を使いすぎw」

夏の行楽シーズン、様々な場所へと旅行に出かけ、訪れたホテルや旅館の人たちの心遣いに、思わず感動したという人も少なくないハズだ。しかし、あるユーザーによると、そうした心遣いが、思わぬ形で反映され、当惑したのだという。

『男二人で温泉宿泊まった結果』というスレッドで紹介されたところによると、このユーザー、男性二人でとある地方へと旅行に出かけ、旅館に宿泊したという。するとその晩、なにをどう気遣ったのかはわからないが、アツアツのカップルや夫婦に向けてそうするように、二つ並んで敷かれた布団が。男同士なら共感できる、このあまりに気まずすぎる展開に、ネット上では多くのユーザーから思わず苦笑が。

「アッーーーー!」

「クソワロタwwww」

「部屋の隅でピッタリってのがポイント」

「気を使いすぎwwwwww」

「部屋に露天ついてるところで男二人ってもうナニされても文句言えんな」

「普通部屋の真ん中に並べるだろ わざわざ隅っこに陣取って並べるってことは」

「部屋に露天とか高い部屋とか マジホモ認定当たり前」

「100人中100人がホモだと思うシチュエーションだろ、これ」

…と、同ユーザーに対してどこか同情しつつも、そもそも男二人で旅行に出ることそのものが、意味深過ぎると指摘する声も。

ともあれ、こうした細かい部分についても気遣いを見せてくれることが、旅館の良さであることもまた事実。結果は別として、その姿勢には頭の下がる思いだ。

文・島田克彦

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy