ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

教育のために息子たちを戦場へ… あるパパに「世界で最悪の父親」とのバッシング殺到

教育のために息子たちを戦場へ… あるパパに「世界で最悪の父親」とのバッシング殺到

子供たちを教育する際に、「生の体験」を重視する親も少なくないが、そうしたもののなかには、「明らかにやりすぎだ」と非難を浴びるものが含まれていることもある。

スウェーデンのジャーナリスト、Carl-Magnus Helgegren氏は、自身の10歳と11歳になる二人の息子が、人気戦争シューティングゲーム「Call of Duty(コールオブデューティー)」をやりたいと言ったのを聞くと、彼らに本物の戦争を見せることを決意。今春、彼らを連れて、政情不安が続くイスラエルとパレスチナ自治区を訪れた。

現地で同世代の子供たちが負傷する様子や、常に命の危険に脅かされている人々の暮らしに触れた二人の子息たちは、帰国後、何か感じるものがあったのか、結局は「Call of Duty」をやることを止めたのだという。

ここまではHelgegren親子にとって、「生の体験」による学習がある種の結実を迎えた形であったと言えたが、その後、彼がこの体験を記事にすると、世界中から非難が殺到。いつしかHelgegren氏は「世界で最悪の父親」というレッテルを貼られることとなってしまった。

日本でもこうした「生の体験」による学習をめぐっては、以前から実に様々な論争が巻き起こっている。しかし、少なくとも彼の一家に限って言えば、その批判が正しいものであるかどうかは、二人の子供がこれから歩む人生の中で、おのずと出されるものなのかもしれない。

文・久保田太陽

■参照リンク

Swedish dad takes gamer kids to warzone

http://www.thelocal.se/20140808/swedish-dad-takes-kids-to-war-zone 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。