ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モンパチや10-FEETなどが出演!スカパラ主催「トーキョースカジャンボリーVol.4」が大盛況で終了!

8月9日に東京スカパラダイスオーケストラ主催のフェス、「トーキョースカジャンボリーVol.4」が山中湖交流プラザ・「きらら」にて3 年ぶりに開催。これまで3回開催された同フェスは国内国外から多数のスカバンドを招き、文字通り「スカ」に特化したフェスであったが、今年はスカパラのデビュー25周年イヤーということもあり、スカパラが掲げる“トーキョースカ"とつながりの強いMONGOL800や10-FEETなどが出演した。

8月9日(土)@山中湖交流プラザ・「きらら」 (okmusic UP's)

先ずは、オープニングアクトとして一般公募から勝ち上がった「Beat Bahnhof」と、北海道から「beat sunset」の2バンドが会場を温めるべくパフォーマンスを披露。多数の応募のなかからスカパラメンバーが選出しただけあり、2バンドともかなりの実力バンドで、スカパラメンバーもステージ袖からそのアクトをじっと見つめては踊っていた。続いて登場したのは地元の富士学苑中学高等学校のジャズバンド部「Moon Inlet Sounds Orchestra」。実は3 年前に開催された第3 回スカジャンボリーにも出演しており、中学高校の部活動とはいえ、超実力派のビッグバンドだ。1曲目で披露されたのは今や誰もが知る「Let It Go」であるが、なんと演奏に合わせて歌声も披露される。この歌があまりにも素晴らしく、場内のオーディエンスからはどよめきの声があがり、ステージ袖にはスカパラメンバーをはじめとした多くの出演者が集まってくる。ラストは「恋するフォーチュンクッキー」をダンサーを交えてかわいらしくもカッコよく披露。3 バンドとも十分すぎるほどオーディエンスと場内を盛り上げ、オープニングアクトは終了となった。

いよいよ13時からの開演直前、スカパラメンバー全員がステージに登場。ステージ最前列で横一列に並ぶスカパラの面々。9人の真ん中に立った川上つよし(Bass)が「宣誓!我々はトーキョースカ精神にのっとり、第4回トーキョースカジャンボリーが3 年ぶりの開催にふさわしく、そして、スカパラデビュー25周年のアニバーサリーイヤーとなる今年にふさわしい素晴らしいイベントになるよう、全力でプレイすることをここに宣言します!」と高らかに開会宣言をすると、その流れでトップバッターとなるHEY-SMITHをステージに呼び込む。

オーディエンスの大歓声で迎え入れられたHEY-SMITHは1曲目の「Endless Sorrow」からいきなりトップギアで飛ばしていく。オーディエンスもHEY-SMITHのパワーに負けじと、1曲目だというのにモッシュやダイブで物凄い盛り上がりを見せていく。猪狩秀平(G/Vo)が最初のMCで「トーキョースカジャンボリーへようこそ!死ぬほど楽しんで帰ってね。ずっと出たかった。夢が叶った瞬間。夢を一緒に共有してください!」とトーキョースカジャンボリーに出演できた想いをオーディエンスに伝え、さらに「今日は踊れるバンドがいっぱいいるけど、オレらのときは踊りを通り越して暴れてけぇ!」とオーディエンスを煽り、さらなる熱狂へと突入していく。ラストの曲となった「Come back my dog」まで一気に駆け抜け、HEY-SMITHはトップバッターでありながら、熱狂と興奮を孕んだ素晴らしいライブを展開した。

HEY-SMITHのライブ終演と同時に、トーキョースカジャンボリーの象徴的オブジェとして建立されているミニ東京タワーのDJブースから川上つよしがDJを行う。

そして、DJを終えた川上つよしが続いてのアクトとなるMONGOL800をステージに呼び込む。陽気にステージに登場するモンパチメンバー。キヨサク(Vo/B)の「スカジャンボリー、遊~びましょー」の第一声を合図にモンパチのステージがスタート。いきなりイントロが鳴るや否や、1曲目が「あなたに」だとわかるとオーディエンスがステージ前方につめかける。サビでは大合唱が沸き起こり、モッシュやダイブも続々と起こっていく。MCでキヨサクが「スカジャンボリーに来ているチュラカーギーはどこですか?」と言ったあと、きょとんとするオーディエンスに「沖縄の方言でカワイコちゃんのこと」と説明し、映画「プリティー・ウーマン」のテーマ曲「Oh Pretty Woman」をパンク調にアレンジしたナンバーを披露。さらに激しいモッシュやダイブが起こるなか、「小さな恋の歌」ではキヨサクがマイクスタンドごとマイクをオーディエンスに向けると、すべてのオーディエンスが歌っているのかというほどの大合唱が沸き起こる。モンパチのラストナンバーは「DON’T WORRY BE HAPPY」で、1曲目からラストまでハッピー感満載のステージを届けてくれた。

モンパチのライブ終演後、DJブースには谷中敦(Baritone sax) が登場。アントニオ猪木のテーマ曲の元ネタでもある「アリ・ボンバイエ」をかけると、DJブースの前に集まったオーディエンスから何故か「谷中!ボンバイエ!」と大合唱が起こる。

DJを終えた谷中が「去年も今年もスカパラは京都大作戦に出させてもらったけど、今年は彼らが来てくれました!10-FEET!」と呼び込む。しかし、10-FEETがステージに登場しない。突如、BGMとして「Let It Go」が流れると、なんと、10-FEETのTAKUMA(G/Vo)、NAOKI(B/Vo)、KOUICHI(Dr)の3 人はステージ最前列に身構えるセキュリティーと同じスタイルでセキュリティーとして立っていたという驚きの演出を仕込んでいた。さらにステージにあがってからも、1曲目に何を歌うのかとワクワクしながら待ち構えるオーディエンスに対して、追い打ちをかけるかのようにTAKUMA(G/Vo)が「Let It Go」を歌いだす。スカパラのメンバーのことをいつも喜ばせてきた彼らのサービス精神が序盤から炸裂する。 会場を和ませたかと想うと、1曲目から重厚感たっぷりの強烈なナンバー「JUNGLES」で一気に会場をヒートアップさせていく。「RIVER」「SHOES」といったナンバーでは、さらにモッシュは激しくなり、ダイバーも続出する。MCではスカジャンボリーに呼んでくれたスカパラに感謝の気持ちを述べつつも、降りしきる雨のなかライブを観ているオーディエンスに対して「全員、雨よけろ!」と無茶な注文をして場内を笑いで包み込む。ラストナンバーの「CHERRY BLOSSOM」では、オーディエンスが何度もタオルを頭上高くに投げ、雨とともに落ちてくる色とりどりのタオルが美しい光景を描き出すなか、物凄い熱量のライブが終了した。

10-FEETのライブ終了後、「Chill Out タイム」へと突入する。そう、トーキョースカジャンボリーには普通のフェスとは違った、こういった耳を休みめる時間もあるのだ。このゆるさがスカジャンボリーらしい。茂木欣一(Dr)と加藤隆志(G)の二人がハナレグミをステージに呼び込む。ステージに登場したハナレグミは「どーも」とオーディエンスに挨拶したあと、雨が降っていないことがわかると「日頃の行いがいいぜ!」と言うが、なんとその瞬間、急に雨が降りだし会場中が優しい笑いに包まれる。ハナレグミはギター1本での弾き語りでヒートアップしすぎている会場を少し冷ますかのように美しい歌声で、「People Get Ready」や、おおはた雄一が日本語詞を書いたという「Don’t Think Twice, It’s All Right」で会場を包み込んでいく。雨のなか聴き入っているオーディエンスに対して「雨が止みますように」と言ってラストナンバー「明日天気になれ」を披露したあと、今度は本当に雨があがるというミラクルな一幕も引き起こした。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy