ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本命モテするには、好きなタイプは「○○してくれる人」と答える

140815type.jpg
男女のリアルな恋愛事情を取材・執筆するライターがお届けする、恋がうまくいく方程式「恋愛サプリ」。普段のちょっとした心がけで、恋はうまく進みますよ。
140516koigaumakuiku_1.jpg

好きなタイプの答えかた

合コンなど、男女が集う会などでよく話題となること。それは「どんな人(異性)がタイプ」? じつはこの質問に「絶妙に答えている女子」がいて、その彼女が毎回集まりのなかでモテモテになっているのです!
「どんな人が好き? どんな男性がタイプ?」と聞かれると、ほとんどの場合は「優しい人」「リードしてくれそうな人」「おもしろい人」などと答えますよね。
確かにそれらは本当に理想なのだと思いますが、聞いた男性側からすると「じゃあ、優しいってどんな人?」「おもしろいってどのレベル?」となって、いまひとつ腑に落ちないのだとか。

具体的で男性がすぐできること

で、「絶妙に答えてモテモテ」のA子ちゃんはこの質問になんと答えているかというと「寂しいときに背中をとんとんしてくれる人」
すると男性陣は「おお、それだけで好きになってくれるのか?」「わかりやすいぞ!」「萌え!」などの気持ちになるらしく、「ボクでよければいつでも背中とんとんしますよ」というオファーが殺到。
A子ちゃんは決して奇をてらっているわけでもなく、具体的な例をひとつあげているだけにすぎなくて、そのさらりとした受け答えもどうやら男性陣には好評みたい。

細かすぎるのはNG

一方「面倒くさそうな女性だなあ」と思われるのは、好みの男性のタイプをこと細やかに説明する女子。
「イケメンで、荷物をさっと持ってくれて、私のことは少しだけ束縛する感じで愛してくれて…」などなど。確かに理想ですが、リアルな男性陣を目の前にあまりにも夢のような希望を伝えても、相手方はシラケるだけです。
その点「背中とんとん」は、誰でもできそうなことであるというのがポイント。A子ちゃんからしたら「(素敵で理想的な彼氏が)背中をとんとんしてくれる」という( )部分がもっとも大事なのですが、そこをあえて口にしないところが鍵だと思います。
この「どんな人がタイプ?」への答え、平均的なものではなく、「オリジナルで好感度の高い、キャッチーなもの」をあらかじめ考えておくと、合コンなどの場でA子ちゃんのように注目を集めることができるかもしれませんよ。
Walking with style image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
どんな場所でも「瞳キラキラ」な女性の秘密
やっぱりモテ技のSNS料理投稿で、気をつけたいこと
男性が好きな夏メイクは、ヌーディグロスよりしっかり口紅

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy