ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

押しすぎず引きすぎず、「ほほえむ」だけで男性が寄ってくる方法

140811hohoemu.jpg
最近、周りの女友だちの恋愛状況を観察していると、グイグイ押しまくる「肉食系女子」、気になる人に話しかけることもできない「奥手女子」、この両極端なふたつのパターンが存在することに気がつきました。
そんなとき思うのは「とりあえずニコってほほえんでおけばいいのに…」ということ。
今回は、男性が話しかけやすくなるように「ほほえむ」方法を紹介します。

目が合ったらほほえむ

いつでもニコニコしていればいい、という問題でもありません。男性が喜ぶのは「自分だけに向けられた笑顔」
ちょっといいなと思う人がいたら、とりあえず目を合わせて「ニコッ」、男性はきっと「話しかけてみようかな」という気になるでしょう。

自己主張よりほほえみ

好きな人に自分をよく知ってもらおうと、いろいろアピールする肉食女子もいるでしょう。
しかし、自分のセールスポイントを延々と語るよりも、一歩引いて「おつかれさま」(ニコッ)の一言だけで印象は確実に上がります。
大切なのは、主張しすぎないほほえみなのです。

合コンでは、落としたい相手を絞ってほほえむ

合コンで「あの人いいな」と思う人がいたら、その人だけに狙いを定めましょう。ほかの人には気がないフリをしても、狙った人には目を合わせて「ニコッ」
最初からあまり目を合わせすぎても気持ちが悪いので、印象が残る程度、1時間に1回くらいが妥当です。
ほほえみをうまく使うと、「なぜか気になる」というおいしいポジションにつけるかもしれません。
気になる人と目が合ったときに、恥ずかしくて目を逸らしたりするのはもったいない! ほほえむだけで印象は確実によくなりますよ。
Beautiful smiling young woman image via Shutterstock
(横山かおり)


(グリッティ)記事関連リンク
露出が増えるこの時期、濃すぎる彼のすね毛は処理させるべき?
それって本物の恋? 夏の恋が長続きするかを見分けるポイント
マンネリ気味の彼を、もう一度夢中にさせる5ステップ

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy