ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秘密結社『フリーソーメン』が加入者募集 Facebookも公開

 夏の秘密結社『フリーソーメン』が新規加入者を募集しています。あ、ちなみに世界的に有名な秘密結社『フリーメーソン』の方じゃなくて、主に日本で活動している「無料で素麺を配る」団体さんの方です。

 本家フリーメーソンでは5つの基本理念、「自由」、「平等」、「友愛」、「寛容」、「人道」を掲げていますが、似た名前のフリーソーメンの方では「暑さと飢えに苦しむ民たちに無料(フリー)でソーメンを差し伸べる」というのを活動理念としています。しかし野望は壮大で、無料で他人に素麺を振る舞うことで、世界征服を目論んでいるらしいです。

【関連:「な、なんだってー!!」-マガジンミステリー調査班まさかの復活】

夏の秘密結社『フリーソーメン』公式サイト

 そして、フリーソーメンには一応掟があります。公式HPから引用し紹介すると。

1.汝、己のふところを顧みずソーメンを分け与えよ
飢えた民たちにソーメンを差し伸べる際、その対価として金銭を受け取ることは最も犯してはならない禁忌です。ソーメンに対して金銭を求めたものはもはやフリーソーメンのメンバーではありません。ソーメン屋です。

2.見知らぬ人にこそソーメンを分け与えよ
仲間内だけでソーメンを啜っていたのでは世界を支配することは出来ません。それはもうただのソーメンの会です。なるべく人通りの多い場所を選んでソーメンを行い、通りすがりの見知らぬ人々にめんつゆの紙コップを差し出し、支配しましょう。

3.怒られたら素直に謝る
世界を幸福に導くための活動とはいえ、外でソーメンを行うとなぜか怒られる可能性がまれにあります。よく意味が分かりませんが、「盗人にも三分の理」というように、ソーメンを止めようとするものにもそれなりの理由があるものです。場合によっては引き上げる必要もありますがまずは穏便に、申し訳なさを前面に押し出しながら真摯に相手の話に耳を傾けましょう。(頭は下げるだけならタダです。)

<引用ここまで>

 以上3つが紹介されていました。掟といっていいのか分かりませんが、無料で素麺を振る舞う際の、ルールと注意が書かれています。

 なお、加入には特別な許可は必要ないとのこと。上記「3つの掟を守り」、「自らフリーでソーメンを提供したその日から」誰でもフリーソーメンの一員となるそうです。
その他、活動報告はSNS上で行うことを指示されています。要するにSNS投稿用のネタ団体というのが本質でしょうか?

 公式サイトはこんな言葉で結ばれています「フリーソーメンの参加者を増やし、共に世界を支配しましょう。」……できるのか?

参考:
夏の秘密結社『フリーソーメン』公式サイト
『フリーソーメン』Facebookページ

※『フリーメーソン』の表記は複数の出版社で書籍タイトルに使われるなどの使用例があり、『フリーメイソン』表記と混在して使われています。本稿では『フリーソーメン』との比較をわかりやすくするため、あえて『フリーメーソン』表記を使用しています。

※1カ所表記に誤りがありました。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。