ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【酒紀行】日本のウイスキーを作った男! 竹鶴政孝が夢見た未来を実現する『仙台峡蒸溜所』

title

ウイスキーが好きな方は、竹鶴政孝という名前をご存知だと思います。竹鶴政孝は、かつての寿屋(現サントリー)山崎蒸溜所初代工場長として日本初の本格スコッチ・ウイスキー製造を指揮しました。

寿屋退社後は、より本格的なスコッチの製造をめざし、大日本果汁(現ニッカウヰスキー)を創業、品質にこだわり続けた技術者であり、「日本ウイスキーの父」として知られています。

その竹鶴政孝が「異なる蒸溜所で生まれた複数の原酒をブレンドすることで、ウイスキーはより味わい深く豊かになる」という信念を貫くために、北海道・余市で興した最初の蒸溜所から約30年後、新しい蒸溜所の建設を行った場所、それが仙台・宮城峡でした。

今回は竹鶴政孝が夢見た未来を実現する場所、「仙台峡蒸溜所」をご紹介します。仙台の宮城峡へは、JR仙台駅からJR仙山線の作並駅まで約30分くらい電車にゆられていく事になります。作並駅に到着すると、大きな看板が、ウイスキー好きをお迎えしてくれます。

miyagi1

到着するとさすがニッカさん、専用のマイクロバスで蒸溜所まで送迎していただけます。こちら、電車の到着時間にあわせて出発してくださるので、JRの作並駅まで行けば工場までスムーズに移動できます。

DSC_1435

のどかな国道をマイクロバスにゆられていくと、森の中に仙台峡蒸溜所がその姿を現します。工場の姿をみると圧巻の一言。森とレンガ造りの工場が何とも言えない融合を産み出しています。

DSC_1438

マイクロバスは工場内をゆっくりと進み、見学の受付カウンターまでマイクロバスで送ってくれます。受付をすませると、さぁ見学スタートです。

詳細なウイスキーの製造工程などについては、こちらのニッカさんのウェブサイトにお任せしたいとおもいます。工場見学をさせていただいた時に強く感じたのは、この仙台峡が持つ、3つの「香り」です。

1つ目は、「森の香り」です。豊かな自然を育む仙台峡の、芳醇な森の香り。是非、深呼吸して感じてみてください。美味しい空気を胸一杯に吸い込めば、日頃のストレスも仙台峡を爽やかに駆け抜ける風となって消えていくでしょう。

DSC_1460

2つ目は、「発酵の香り」です。工場見学をしていると、麦汁と酵母が醸し出す、極上の白ビールのような香りを感じる事が出来ます。この香りがウイスキーの基礎となって、美味しいニッカウイスキーの形になっているのだと思います。

DSC_1458

3つ目は、「歴史の香り」です。工場見学の最後に、ニッカウイスキーが熟成されている貯蔵庫を案内していただくのですが、貯蔵庫では、ニッカウイスキーの歴史をしっかりと感じる事ができます。

DSC_1474

仙台から少し足を伸ばして、日本のウイスキーの情熱を、そしてその情熱が育んだ、3つの香りを感じてみませんか?

宮城峡蒸溜所見学ガイドはこちらから
http://www.nikka.com/guide/miyagikyo/about.html

記事・写真 by 酒とんぼ
こちらの画像は、ニッカウイスキーさんのウェブサイトから引用いたしました

生活・趣味
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。