ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「アベノミクスにプロ野球16球団構想」の報10年先を行ってた水島新司先生の『ドカベン』

ドカベン

5月22日、日刊スポーツに下記の記事が掲載された。

アベノミクスにプロ野球16球団構想

アベノミクスの成長戦略に、プロ野球16球団構想も加わりそうだ。政府が6月中にまとめる成長戦略に、プロ野球の球団数を現在の12から16に増やすことが盛り込まれる見込みとなった。自民党の日本経済再生本部(高市早苗本部長)がまとめた成長戦略の第2次提言案で、新たに4球団を増やすことを検討していることが21日までに分かった。近く、政府に提言が伝達される。(略)

野球漫画の最高峰『ドカベン』の作者である水島新司先生は、今から10年前の2004年から『ドカベンプロ野球編』にてパ・リーグ6球団を8球団にして全14球団にしていた。また、その後セ・リーグも8球団にして全16球団になっている。

ということで今回、2003年12月23日に某サイト用に書いた記事を一部サルベージしてみた。――――

驚愕!パ・リーグが8球団に!〜 崖渕総裁・苦悩の決断! 〜

今オフ、西武ライオンズの山田太郎選手をはじめ山田世代と呼ばれる岩鬼正美、殿馬一人、里中智など12人がFA宣言をしてメジャー・リーグに挑戦する意思を表明したことにより、危機的状況にある日本プロ野球界。
この度、崖渕壮兵衛プロ野球総裁が山田世代12人と犬飼小次郎選手、土井垣選手を緊急招集し、選手にメジャー移籍の再考を促すとともに、その条件としての仰天の構想を明らかにした。
崖渕総裁に招集された

岩鬼正美(福岡ダイエーホークス) 山田太郎(西武ライオンズ)
里中智(千葉ロッテマリーンズ)  殿馬一人(オリックスブルーウェーブ)
微笑三太郎(読売ジャイアンツ)  中二美夫(ヤクルトスワローズ)
犬飼武蔵(阪神タイガース)    犬神了(広島東洋カープ)
坂田三吉(近鉄バッファローズ)  不知火守(日本ハムファイターズ)
土門剛介(横浜ベイスターズ)   影丸隼人(中日ドラゴンズ)
の山田世代12人と
犬飼小次郎(ダイエーホークス)  土井垣将(日本ハムファイターズ)

その、日本プロ野球界を揺るがす仰天の構想とは・・・
崖渕総裁「新球団をふたつパ・リーグに作る!!」

彼ら山田世代の人気と実力を借りて低迷しているパ・リーグを活性化させるということらしい。増える2球団は、
東京を本拠地とする『東京スーパースターズ』と四国(全県)を本拠地とする『四国アイアンドッグス』。
野球協約上 異例特例のいわば超法規的措置ということらしい。
要するに、2球団増やすからメジャーに行かずにそっちに移籍してくれということなのだが、「1週間で(メジャーにいくかその2球団にいくか)決断して、賛成のものは1週間後の午後1時に東京ドームのグラウンドに集合してくれ」ということになった。

この誰も予想していなかった展開に、ネット上でも話題沸騰。

「ナベツネが許すわけないだろ」
「プロ野球協会への加盟金30億円はどうするんだ」
「土井垣と犬飼って・・・勝手に監督決めるなよ」
「つーか中西球道はどうすんだ。扱い悪すぎ」
「Kジローとか出てくるのかな」
「山田は年俸数億円のくせに、なんであの貧乏長屋を引っ越さないんだ」
「WJだけはカンベンしてください」

など、いろいろな意見が出ているようだ。

そして、『ドカベン』や『大甲子園』のファンからは“パラレルワールド”呼ばわりされて10年に渡って迷走を続けてきた『ドカベンプロ野球編』も次回がいよいよ最終回!
これまた、いろいろな最終回が予想されている。――――

これにより『ドカベン』の『プロ野球編』が最終回となり『スーパースターズ編』が開始。
現在は2012年18号よりシリーズ最終章『ドリームトーナメント編』が連載中である。
果たして、水島漫画だけでなく現実の方も12球団から増えることがあるのだろうか。

※画像はコミックス『ドカベン ドリームトーナメント編』1巻表紙より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき