ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

会話に自信がなく、話のつまらない人が面白くなる方法とは?

会話に自信がなく、話のつまらない人が面白くなる方法とは?

あなたは会話がおもしろい人? それとも、つまらない人?

なかなか自ら「おもしろいです!」と言い切れる人は少ないかもしれませんが、周囲のあなたへの反応を見ていると、自身の会話レベルが見えてきます。自ら話しかけるよりも、誰かが話しかけてくる頻度が多いなら、それはあなたが話しかけやすいオーラを放っており、なおかつ、会話がおもしろいからでしょう。

いつも、自分から話しかけてばかりの人は、少し会話力について考えた方が良いかもしれません。

なかには、既に「会話力に自信がない」と考えている人もいるでしょう。そんな方々には、野呂エイシロウ氏の著書『「話のおもしろい人」の法則』を開いてみることをオススメします。

同書では、話しベタでも相手の心を”ワシづかみ”にできる会話術が多数紹介されています。会話に自信がなく、話しかけることさえままならない人の強い味方となるはずです。例えば、「話のおもしろい人は、堺雅人になる。つまらない人は、半沢直樹になる」と野呂氏は指摘します。

実は話のおもしろくない人には、ある「ポジティブな共通点」があるそうです。それは”まじめ過ぎる”という点。

「話がつまらない人は、あえてポジティブに考えればまじめな人なのだと思います。”自分が理想とする自分”というものをしっかり持っている反面、柔軟性に乏しく、相手が望む人間像にうまく近寄って行くことができないのです。どこまで行っても自分は自分。だから変えることはできない」(野呂氏)

話がおもしろくない人は、自分を変えることができない。だからこそ、変えるのではなく”演じてみる”のです。

ドラマ「半沢直樹」の半沢と「リーガル・ハイ」の古美門研介、これはどちらも堺雅人が演じた役です。もちろん、半沢と古美門は堺本人とはまったく違う人間。堺は、仕事が終わると次の役を演じる必要があるので、また新たな堺が演じた○○というキャラクターが生まれるのです。

野呂氏は、この堺のような俳優という職業のように、自身も会う相手によってキャラクターを変えてみることをオススメしています。

例えば、Aさんに会う時は、Aさんに向けてカスタマイズされたキャラクターに、BさんにはBさん用のキャラクターと、使い分けるのです。

もし、あなたが半沢直樹のように、「一本筋の通った男になる!」と常に構えていたらどうでしょう。その姿を好意的に受け入れる人もいるでしょうが、その逆ももちろん存在するのです。

大切なのは、一つのキャラクターに依存しないこと。相手に対して違う自分を演じることができたら、少しずつおもしろい話ができるようになることでしょう。一度、だまされたと思って試してみてください。

【書籍データ】
・『「話のおもしろい人」の法則』 野呂エイシロウ著 アスコム

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。