体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石神井川桜並木と春色パン屋さん

石神井川桜並木と春色パン屋さん

桜が開花、城北中央公園に行ってきました

東京都23区北部を流れる石神井川は、おおよそ26キロの一級河川です。河川中流から下流にあたる練馬区、板橋区にかけては1000本を超える桜が整備されており、これからの季節が一番のおすすめです。

有楽町線に東上線、都営三田線がはしるこのエリアは特に際立った「繁華街」が無いので、普段あまり訪れる機会が無いかもしれません。しかし最近は、天然酵母のこだわりをもつパン屋さんも増えています。一軒一軒はこじんまりしていますが、雰囲気のいいオーナーさんばかりです。

皆様にもぜひご紹介したくて今回、簡単なレポにまとめてみました。

取材日 2014年3月 レポーター 尾見 典子

石神井川桜並木と春色パン屋さん

東京メトロ有楽町線氷川台駅「1」番出口をでると目の前にパン屋さん「アンテンドゥ 氷川台店」があります。こちらが目印です。

左折して1〜2分あるくと城北中央公園通りにでます。通りに出たら右折し、あとはまっすぐすすみます。氷川台駅から徒歩約12分(距離750mくらい)東上線上板橋駅からだと徒歩で15分くらいでしょう。途中、カフェがあったりかわいらしい雑貨屋さんがあったり、と楽しませてくれるのでウオーキングにはちょうど良い距離です。

石神井川桜並木と春色パン屋さん

天然酵母パンの店 BORDER(ボーダー)

石神井川桜並木と春色パン屋さん

店名は愛犬の犬種から。自分がパン店を開く時は絶対これにしよう!って決めていました、とおっしゃるオーナーの増永さん。

店内随所にボーダー犬のモチーフが飾られ、かなりの『BORDER LOVE♡』愛犬家。そして、わんちゃん連れも多い城北中央公園の目の前という最高のロケーションをみつけて2012年6月お店をオープンしたそうです。

「毎朝3時におき、自分のつくりたいとおもうパンを焼いています。」とゆっくり語る増永さん。ホシノ天然酵母を使用し、北米産と熊本産の粉の配合を調節しながらシンプルなお食事パンを中心に約20種類の商品を販売しています。

奥にはバリスタの機械が設置されており、テイクアウトで美味しいコーヒーを買い求める事も出来ます。増永さんの笑顔とパンの焼けるしあわせな香りにつつまれたアットホームな雰囲気に魅せられ立ち寄るファンも多いはず!

石神井川桜並木と春色パン屋さん 石神井川桜並木と春色パン屋さん

「ホシノ天然酵母は、米由来の酵母ですので、日本人の口に合った味わいのパンになると思うんですよ。」ホシノの魅力をにこやかに語ってくださいました。天然酵母だけでパンを作り、卵や牛乳もできるだけ使わずにいるそうです。

種おこしから始まり、手間ひま掛けてつくる増永さんの思いがつまったパンは優しく、とてもあじわい深いものが伝わってきます。

石神井川桜並木と春色パン屋さん

おすすめは「セサミカンパーニュ」で白ごまと黒ごまがびっしり詰まっています。

練乳を使ったフレンチトーストはお子様に人気だそうです。ダイスカットに楊枝を付けた「メープルフレンチ」もあります。こちらは食べ歩きできるカップ入り。

石神井川桜並木と春色パン屋さん

朝食に利用して欲しいという思いから現在、営業は朝の6時より。

都立城北中央公園は練馬区〜板橋区にまたがる緑の多い公園です。運動場やテニス場といったスポーツ施設が充実しており住民の憩いの場にもなっています。

「BORDER」はどの駅からも離れていますが、この界隈は桜が咲いて新緑の美しいこれからの季節が一番にぎわい見せる時期です。皆様もお時間をつくって是非おとずれてみてくださいね。

<ショップ情報>
店舗名 : ボーダー
URL : http://pansta.jp/shop/13980/
所在地 : 東京都 練馬区 氷川台2-11-35
定休日 : 月曜
営業時間 : 朝6時から
14時〜15時は休憩時間です。

ゆめしょうてん

石神井川桜並木と春色パン屋さん 石神井川桜並木と春色パン屋さん

元は床屋さんだったそう。そう言われてみれば外壁にそれとなく面影を感じます。

店名の「ゆめしょうてん」が、なぜひらがななのか?それは、店主のお子さんがまだ小さい頃、覚えたての字をこのように書いたのをたまたま思い出し付けたそうです。「ん」の字。そうそう、子供ってこんなふうに書いたりする事ありましたっけ。最後のハネをとめるタイミングがむずかしいんでしょうね。

ロゴの上部は芽が出ている様子を描いたそうで夢いっぱい。店内もほんわかと温かな雰囲気です。気軽に入ってきてもらいたいとドアはいつも開けているそうです。

石神井川桜並木と春色パン屋さん

岩井さんは、半蔵門「ミュゼ」の元シェフ杉山洋春氏が大田区鵜の木にオープンさせた伝説の店 「ブーランジェリーニコラ」でパン作りを学び独立したそうです。

石神井川桜並木と春色パン屋さん

人気No.1はくるみとクランベリー。(大 300円 小 160円)

大きなクルミに甘酸っぱいクランベリーとの相性はまちがいなし、ワインのお供にもぴったりです。天然酵母を使用し、つくるパンによってぶどうやりんごなど季節の自家製酵母を何種類か使い分け、こだわりをもった商品作りをしています。

1 2 3次のページ
パンスタの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy