ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

合コンで大流行している新しい日本酒の飲み方「サケボム」とは?

合コンで大流行している新しい日本酒の飲み方「サケボム」とは?

日本酒といえば、ふつうは何をイメージするだろうか? 静かに、ゆったり飲んで語り合う、というのが一般的かもしれない。

しかし、そのイメージとはうってかわって、今、合コンで盛り上がる新しい日本酒の飲み方が流行っているらしい。

その飲み方とは「サケボム」。ビールジョッキの中に日本酒を入れたお猪口をボム(=爆弾)のように落として飲むことから、そのようなネーミングになったそうだ。アメリカの西海岸で流行っているらしいが、どのように飲めばいいかまったく想像することができない。

しかし、ネット上の声を拾ってみると、とても日本酒を飲んだ後とは思えない感想が述べられている。

「斬新!!」
「これはめっちゃ盛り上がる!」
「ほんとに流行っちゃうかもよ!?」
「酔いそうねーwww」
「意外に感動する!」

というわけで、早速「サケボム」を体験してみた。まず、ジョッキにビールを注ぐ。そのジョッキの上に間隔を空けて箸を二本並べる。次に、用意したお猪口に熱燗を入れ、その箸の上にバランス良く乗せる。
そして、その場にいる人たちの目の前に同じようにセットできたら、あとは掛け声を合わせて一斉にテーブルを叩くだけ。この時、両手には拳をつくり、親指を上に向けた状態で待機。これで準備は万端だ。

「サケボム、サケボム、サケサケボム!」と掛け声を揃え、最後の「ボム」と同時に全員で机を叩いた。すると、その振動でお猪口のバランスが崩れ、ひとつ残らずお猪口はビールジョッキの中に! まさかすべてのお猪口が落ちると思わなかったのか、その場は歓声と拍手で包まれた。

そして、全員で日本酒がブレンドされたビールを飲み干す。気になるそのテイストは、日本酒の味はほとんどせず、ビールの味(笑)。これが、アメリカ西海岸で流行っている”日本酒の飲み方”なのだそうだ。

「サケボム」は、日本酒よりもビールの味の方が強かった。しかし、大人数でやるとかなり盛り上がるのは間違いない。ぜひ飲み会などで試してみてはいかがだろうか。

【参照リンク】
・サケボム
http://sake-bomb.com/ 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。