ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonスマートフォンには端末のチルト操作でアプリを操作したり、追加情報を表示する機能が搭載されているらしい

今年夏に発売されると噂のAmazon独自スマートフォンに関する追加情報がBGRで伝えられていました。同サイトでは、4つの赤外線カメラによってユーザーインタフェースを3Dに見せる機能を備えた第1弾スマートフォンに、端末を特定の方向に傾けるチルト操作を行なうことで、アプリを操作したり、追加情報を表示できる機能が搭載されているとが紹介されています。アプリの操作については、Amazonスマートフォンには従来型のメニューボタンが無く、その代わりに、チルト操作でそれが表示される仕組みを採用しているそうです。例えば、電子書籍を閲覧中に端末をある方向に傾けるとX-Rayメニューが表示されたり、メールアプリを使用中に端末を傾けると新規メッセージの作成ボタンが表示されたりと、従来のメニューボタンとして機能するとのことです。追加情報の表示については、Amazonスマートフォンの3Dインタフェースはコンテンツを立体的に見せるだけではなく、端末の使用中にある方向に端末を傾けることで、インターフェースに触れたり、タップしたりすることなく、追加情報を表示することができるそうです。例えば、メールやカレンダーアプリの小さなアイコンが表示された場合は、端末を少し傾けるだでラベル情報が表示されたり、地図アプリではスポットを検索して端末を傾けるとYelpの評価が表示されたり、Amazon Instant Videoでは、サムネイル画像にIMDbの評価が表示されたりするそうです。Source : BGR



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、背景のぼけた写真を撮影できるXperia用カメラアプリ「背景ぼかし」をGogole Playストアで一般公開
フリービット、スマートフォンキャリア事業「freebit mobile」のサービス内容拡充を発表
Galaxy S 5 Zoomの実物写真がまた流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。