ケンウッド、免許・資格不要の特定小電力トランシーバー『DEMITOSS 20』発売へ

access_time create folderガジェ通 生活・趣味

DEMITOSS UBZ-LM20

ケンウッドは、周波数20チャンネル対応特定小電力トランシーバー『DEMITOSS(デミトス) UBZ-LM20』を5月上旬より発売します。免許や資格、申請などが不要で、通話料や電波利用料も一切かからず、購入したその日から手軽に使用できます。

『DEMITOSS UBZ-LM20』は、キャンプや釣り、スノーボードなどのレジャーから、展示会や学校行事などのビジネス用途まで、コミュニケーションが必要なシーンで手軽に使えるトランシーバー。トランシーバー同士で直接交信できる20チャンネル(シンプレックス)モデルで、従来の『DEMITOSS』シリーズとの交信も可能です。

音が聞き取りにくいときは、音圧をアップして聞きやすくする『ラウドネス機能』を搭載。また、『PTTホールド』を使えば、送信開始時に一度押すだけで送信状態が持続でき、『VOX(Voice Operated Transmit)』機能を使えば、音声に反応して自動的に送信状態になり、ハンズフリーで会話が楽しめるなど、用途に合わせた設定で便利に使用できます。

市販のアルカリ単3乾電池3本で、駆動時間は約60時間。電池を入れた状態でもわずか180gとコンパクト。サイズは、W55.5×H103.9×D26mm(突起物含まず)、カラーバリエーションは、ユニバーサルブラック、セキュアードイエロー、マニキュールレッド、アキュレートシルバーの4色、希望小売価格は1万5540円(税込)です。
 
 

■関連記事
カラフルにコーディネート! 12種類のカナルタイプヘッドホン『EHP-IN20シリーズ』
『iPod nano』で水中動画撮影ができる! 完全防水ケースなどをトリニティが発売
パイオニア、アウトドア向け“コード巻き取り”タイプの高音質ヘッドホンを発売へ

access_time create folderガジェ通 生活・趣味

Kyoko Sugimoto

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧