ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笑うを意味する「www」をなんて読んでる? 「wは読まずに前の文を笑いながら」「わらわらわら」

www

ネットのスラングは数々あるがその中でも最も使いやすい「w」。これは笑うを意味するスラングで文章の最後に付けることで「おもしろい(笑)」と同じ意味となる。そもそもネットゲーム文化発祥のこの用語は(笑)と入力する手間を省くために「w」が生まれたのだという。そんな「w」だが皆さんは脳内でどのように読んでいるのだろうか。

1000人を対象にアンケートを採ってみたのでご覧頂きたい。

1位は「わらわらわらわらわら」となっている。皆さん本当に脳内で「わらわらわら~」と読んでいる? そして2位が「『www』は読まずに前の文章を笑いながら吹き出すイメージで読む」という物。「、」や「。」と同じ扱いのようだ。これは実に現実的である。

ほかにも「ワロス」「プギャー」「草不可避」「奇声のような笑い声」「デュフフ」「テラワロス」などがエントリーしている。

このアンケートに対するコメントは次の通り。

・爆笑しながら読む
・わらわらと読むと訴訟起こされるぞ!
・普段アポストロフィやエクスラメーションマークは読まないのと同じ扱いで良いんじゃないの。
・(笑)→藁→w の変遷を見て来たので、wwwは「わらわらわら」としか読めない
・草はあんまりいい意味で使われてないような

などの意見が挙がっている。「w」も1個だと普通におもしろい、ただ3コ以上になると爆笑というイメージがつきやすくなる。ましてや10コ「w」がつくと馬鹿にされているのか本当に爆笑しているのか判断できないときがある。

そんなときは前の文章で判断するしかないだろう。

『ニコニコ動画』や『ニコニコ生放送』などでは「wwwwwwwwwww」などのように前の文章なしで「w」だけを用いることもあるがこういうケースは大抵爆笑なようだ。

笑うを意味する「www」をなんて読んでる?

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。