ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生のパイナップルを贅沢に使ったスイーツビール『パイナップルエール』春夏限定発売へ

パイナップルエール

サンクトガーレンは、パイナップルを副原料に使用した“スイーツビール”『パイナップルエール』を4月28日より、春夏限定で発売します。生のパイナップルをぜいたくに使用し、果汁で“果物風味”をつけたフルーツビールとは一線を画したジューシーなビールです。

スイーツビールは、同社が2007年5月より発売する、デザート感覚で甘い香りと味わいを楽しむビールの総称。「ビールは苦い」という常識をくつがえす甘美な味わいで「ビールをデザート感覚で」という新しいコンセプトが話題になりました。

今年の春夏向けに発売されるのは『パイナップルビール』です。ビールが発酵する前のベース、麦汁(ばくじゅう)の段階でパイナップルを投入し、麦汁の糖分とパイナップルの糖分を一緒に発酵させるため、パイナップル風味満点。栓を抜いた瞬間からパイナップルの香りがはじけます。

スイーツビールのラインナップは、バニラを使った『スイートバニラスタウト』、黒糖を使った『黒糖バニラスタウト』の2種類の定番商品のほか、秋冬限定のアップルパイ風味のビール『アップルシナモンエール』、春夏限定の『湘南ゴールド』などがあります。今回の『パイナップルエール』は2年ぶりとなる新商品。希望小売価格は450円(税込)、4月28日~8月末まで同社オンラインショップ、『横浜高島屋』ほか全国の酒販店で販売されます(来年以降も春夏限定商品として展開予定)。
 
 

■関連記事
激戦区!アルコール0%ビール市場に麦芽100%の『バービカン』が登場
吉野家牛丼270円に対して松屋牛丼250円! ネットの反応「吉野家逝った」
『芸能人カレー部』とコラボした『森下千里プロデュースのカレーパン』など発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy