ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「面接は私服でOK」 でも「ジーンズはダメ」ってどういうこと?

「面接は私服でOK」 でも「ジーンズはダメ」ってどういうこと?3月に入って、リクルートスーツの学生を見かけることが多くなった。最近は就活生に「面接は私服で来てください」と伝える企業もある。

だが、実際にジーンズやパーカーといったリアルな「私服」で行くと、企業に顰蹙を買うこともあるらしい。結局、どんな格好で行けばいいのだろうか。

「学生と社会人では私服の定義が違う」というワナ
日経新聞電子版の学生向けコーナー「お悩み解決!就活探偵団」の3月19日回では、「私服面接」問題を取り上げている。それによると、企業が私服で面接を実施するのは、就活生の「素の姿」が見たいから、という理由だという。

そのため「ある程度個性を出した服装で大丈夫」だが、一方で「ジーンズはダメ」などの最低限のラインがあるとしている。

「もっとも学生と社会人では私服の定義が違いますから、『ビジネスカジュアル』などのキーワードで検索して調べてみるのもひとつの手です」

私服といいながら、ジーンズはダメ。「普段の素の姿が見たい」「リラックスできるように」と言っておきながら、こんなワナがしかけられているのはおかしくないか。

普段からビジネスカジュアルを私服とする学生など、ごく少数だ。私服でもリクルートスーツでもない「第3の服装」に対応するために、新たな出費が必要になる人も多いだろう。

結局、学生は慣れない服装で面接に行き、企業側も「素の姿」なんか見ることはできない、という事態になっている可能性が高い。

業界によって「臨機応変」が求められるかも
実際に普段の私服姿で面接に行ったら困ったことになった、というエピソードは、ネットにもよく見られる。会社から「リラックスできる格好」と指示されたので、ポロシャツにチノパン、スニーカーという格好で行ったら、面接担当者から

「そんなだらしない恰好で面接来ちゃ駄目だよ」
「面接の場でノーネクタイは絶対にあり得ない」

などと説教されたという。学生からしてみれば、「指示された通りに私服で行ったのに散々な目にあった」という心境だろう。

ネットには疑心暗鬼になっている学生に対して、社会人が「上から目線」でアドバイスする書き込みが複数ある。現実的な落としどころとしては、男子学生ならジャケットにシャツを合わせてチノパン。女子学生ならジャケットにブラウス、スカートは短すぎず長すぎず膝丈で、といったところと見られているようだ。

ジーンズに関しては「絶対ダメ」という考えと、「ダメージ加工されているものでなければ問題ないのでは」という意見がある。どこまでカジュアルでいいかは、志望する業界や企業によって異なる可能性もあり、ここでも「臨機応変」が望まれるということになるかもしれない。

あわせて読みたい:「面接」を勘違いしている就活生

キャリコネの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。