ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「東京都知事選 候補者ネット討論」全文書き起こし(4/8) 少子高齢化に伴う社会保障の充実

舛添:まさに、だからどういう手法でやるんですか、っていうのを私が問うているわけですよ。

 切羽詰まっているんですよ。共稼ぎしたい、仕事と家庭を両立したい、そうしたときに、100%しか保育士が揃ってなければ入れちゃいけませんよっていう立場と。そりゃですね、10人必要なのに、1人しかいない。それはもう論外ですよ。だけど、8人まで揃っているんですから、それでどうですか、っていったときに、私は、切羽詰まっているお母さんの立場になれば、「それでも入れて下さい」ということがあるんではないでしょうか、ということを申し上げているんで。

 おっしゃるように、基本的な最低限守らなければいけない基準はあると思います。それはいい加減にダメにしちゃいけませんけれども、やっぱり女性、都民のみなさんの極めて切羽詰まったニーズにどう対応するかっていうのは、もうひとつ重要な視点だと思っております。

宇都宮:保育園を増設するためには、保育士を育成する必要があります。それから優秀な保育士さんが集まるように、保育士さんの労働条件を改善する必要があると思います。

 それから少子化の問題、建物の問題が重要で、住まいの問題。新しい都営住宅の建設を開始すべきだと思っております。それから都内に75万戸、空家がありますから、それを借り上げて、公共住宅として提供をする。あるいは高齢者ばかりの公共住宅に若者が入れるようにする。こういう工夫が必要だと思います。

 それから、労働条件の改善で、最低賃金の引き上げ、ブラック企業を規制する、長時間労働をなくす。こういうことをやらないと、子育てができないです。

 それから、公契約条例を、私は必要だと思っております。都が発注する企業で働いている企業の賃金は、一定以上にする。男女平等にしていく。そういうことが必要だと思います。そのために、私は女性の地位向上のために、私は女性の副知事をひとり作りたいと思っております

角谷:よろしいですか?これが最後になります。

田母神:東京の大田区の例だとですね、一人あたりの子どもを預かるのに65万円くらいかかるんだそうです。ですから、それを考えると、もっと違ったやり方がひょっとしたらあるかもしれないと。お隣どうしで頼めるとかですね。そういうシステムをやるために、先ほどの、子育てコンシェルジェのようなシステムがあってもいいしですね。

 あと今、介護の問題はですね、介護の、働くのが大変辛くて、辞める人が大変多いという問題があるわけですね。介護士の給料とかという面で、もっときちんと考えていかなければいけないのかな、と思います。

 今みなさんが女性の地位の話をされましたけれども、そういった子育てとか、障害者対策、お年寄り対策とかいうときに、女性の副知事のほうがいいかもしれないなということで、私もそれ今考えて、既に当たっているんです。

角谷:はい。この問題は今のお話、それぞれのみなさんのお話からも、規制緩和の問題、それから予算の問題、それから雇用の問題。さまざまなテーマがすべて包括されているテーマでもあると思います。この問題はすべて、いずれにしろ着手しなければならないテーマと。4候補がどんな結果になってもですね、この問題は逃げて、避けられないテーマであるということは、有権者のみなさんもよくわかったんではないかというふうに思います。

・[ニコニコニュース](5/8) 首都直下地震に備えた防災対策
http://news.nicovideo.jp/watch/nw935912

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「少子高齢化に伴う社会保障の充実」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv167270721?po=newsgetnews&ref=news#45:28
・[ニコニコニュース](3/8) 原発活用の是非を含めたエネルギー政策
http://news.nicovideo.jp/watch/nw935914
・[ニコニコニュース](5/8) 首都直下地震に備えた防災対策
http://news.nicovideo.jp/watch/nw935912

前のページ 1 2 3
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。