ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『BIOSHOCK2』発売前レビュー! 雰囲気と親切さが抜群なレトロフューチャーFPS

BIOSHOCK2

FPS(ファーストパーソンシューター)風RPG『BIOSHOCK2(バイオショック2)』の日本語版をガジェット通信編集部が早くも入手したのでさっそくレビューをお届けしたい。前作とはパブリッシャーが異なり今作はD3・パブリッシャーからの発売となる。元々完成度が高く親切設計ゲームなだけに日本語に対応してくれるだけで十分ありがたい。今回のレビューはステージ2までを行い10点満点評価でスコアを付けさせて頂きたいと思う。広告記事ではないのでもちろん提灯なしのガチレビュー。

BIOSHOCK2

・『BIOSHOCK』とは……
『BIOSHOCK』は『2K』が開発したFPS。正確にはFPS風RPGとなっている。道中に主人公が自動販売機でアイテムを購入したり武器をパワーアップしたり、または日記による情報を得たりとRPG要素も少々ある。全世界で200万本売れた人気作品。しかし日本では10万本に届かなかった。個人的に『BIOSHOCK』は凄い好きなゲームで、“レトロフューチャー”という言葉がぴったりな世界観。1950年代が舞台なのだが、そこに巻き起こっていることや海底都市はまさに未来の世界。音楽もどこかで聴いたことがある有名な曲が流れたりとおっさん涙目な作品にしあがっている。ちなみに今作は1958年が舞台となっている。

・ゲームの特徴
今作主人公は前作の強敵だった『ビッグダディ』となって道中を冒険する。前作同様に右手に武器、左手にプラスミドと呼ばれる特殊能力が備わっており、それを駆使して敵を倒していく。もちろん敵を倒すだけなくプラスミドをうまく使い先に進む場面も出てくる。

・さっそく開始

BIOSHOCK2

ゲームをスタートすると主人公は倒れたところから開始する。何故倒れているのかはオープニングをみて欲しい。その場から振り返ると『ヴィダチャンパー』がある。この『ヴィダチャンパー』はゲーム中に死んでしまったときに復活する場所だ。前作同様の仕様となっており、プレイヤー側は特に何もする必要はない。最初に持っている武器はドリルとなっている。前作の強敵だった奴が持っていた武器を今回は主人公が初期から持っている。ちなみに前作の主人公の最初の装備はレンチだった。

ドリル

このドリルだが殴るのには制限がないのだが、ドリルを回して攻撃するとなると燃料が必要となる。このゲーム結構武器の弾切れなどが激しいのでその辺も注意して進みたい。このゲームの前作からの特徴なのだが、基本的に説明書を読まなくても大まかな操作方法は覚えることができる。最初に、「ドリルで壁を壊し、しゃがみ」いった動作をさせられチュートリアル的な役割もあるのだ。缶詰などのアイテムを取ったときも「体力が回復した」と効果が表示される親切さ。

・死体あさりがゲームの肝

死体あさり 死体あさり

このゲームは倒した敵はもちろん既に死んでいる死体まで調べることができる。死体からは貴重なアイテムやお金が得られるのでコツコツ集めていこう。今後のパワーアップなどに必要になってくる。もちろん調べられるのは死体だけでなく、タンス、冷蔵庫、レジ、トイレといった様々な場所を調べることができる。そんなアイテムの中でも最も重要な物といえばファーストエイド(体力回復)とEVE(特殊能力回復)だろう。この2つがなければ戦闘はおろか先に進むことすらままならない。

EVE ギャラザーガーデン ギャラザーガーデン

初めてのプラスミドを入手するのはゲームを始めて5分くらい経過した頃だ。ギャザラーガーデンという場所で入手が可能。最初に手に入るプラスミドは前作同様『エレクトロボルト』だ。この『エレクトロボルト』は敵にあてると感電してしばらく動けなくなるといった効果を持っている。さらに敵が水の中に居る場合は一斉に大ダメージをあたえることができる。最初から最後までかなりお世話になるプラスミドだ。

1 2 3次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy