【東京おもしろ散歩】山手線一周の旅「目白駅」:横山緑の「みどりぽ(3)」

access_time create folderエンタメ
みどりぽ

かなり歩いて目白三丁目の小さな公園に到着。

みどりぽ

遊具に乗って童心に帰る。そういや大人になってみんなこういう遊具で遊ばずコンピューターゲームばっかりやるようになった。体を動かす遊びを子供たちには小さい時からやらせるべきだ。

みどりぽ みどりぽ

なにが面白いのだろうか?

子供達は俺を見つけるたびに宇宙人でも見るようなまなざしで振り返ったり指をさしたりしてくる。しかしもう慣れた。警察に通報されないだけずいぶんとマシである。

みどりぽ

そして歩くこと40分でようやく椿山荘へ到着だ。どんな所かは実際自分で行って自分の目で確かめろ。

 

途中で小学生の集団に絡まれる。ニコニコ生放送は知らないようで、テレビかなんかと勘違いしてた。
あんまり調子に乗らず「帰宅帰りには危ないおじさんにはついていかないように!」と注意を促してさっさと帰らせたぞ。
よくいるんだ、外配信で子供が寄ってくると調子にのって無知な子供を使って遊ぶ馬鹿配信者が。俺はそういうのが嫌いだからさっさと帰らせる。

みどりぽ

俺が見せたかったのはこの椿山荘のすぐ近くにある公園だ。春は桜一面になり美しいピンクに染まるのだ。東京の都心にありながらもまだまだこんな自然が残されてる場所は貴重である。

そしてこの公園に来たら一度はすべってほしい滑り台だ。
結構な高さである。横から見るとこんな感じ。

みどりぽ みどれぽ みどれぽ

このように一気に滑り落ちろ!

みどれぽ

ただし、リュックがひっかかって子供に救出されるような事にだけはなるなよ。なのでリュックは外してからがお勧めだ。

みどれぽ

番組終わりに小さな女の子が近付いてきて「顔…」と俺の顔を指差して逃げていった。
あれは一体なんだったのだろうか?今でも気になるシーンであった。

みどれぽ

突然後ろから無表情の女の子が近付き「顔…」と指差しまた逆方向へ逃げて行った。これは一体今後の旅になにかあるという予兆とでもいうのだろうか…?

さて、気を取り直して次回(第四回目)はいよいよ大都市『池袋駅』からスタートになるぞ。
次回はリア凸を受け付ける。
2013年12月20日 (金) 15時に西口の池袋ウェストゲートパークの噴水あたりにこい!
来た人に生主ブロマガの
シールを抽選で数名にプレゼント、また暗黒10000円札をプレゼントしてやる。

■次回放送(2013年12月20日 (金) 15時〜)
【全編無料】みどリポートβ「池袋」

 

今回の目白の街レポート結果

治安☆☆☆☆(治安は住宅街も多く会社員も多く安全)
お店☆☆(店は少ない、駅をちょっと外れるとほぼ住宅街か学校)
空気☆(道路が道に面しておりバスも多く排気ガスがきつかった。)
家賃☆1Kで平均8・1万円という高級地帯。3LDKだと18万。金持ち意外はキツイ価格だ。

まあ、安全な地域であり夜のお店も少ないんで安心して学校に通わせたい家族には最適だ。
でも駅前にありがちなゲーセンとかパチンコ屋も見当たらなく本当に住宅地の一角といった感じである。

(横山緑)

記者名:横山 緑
プロフィール:ニコニコ生放送のトークカテゴリで人気の放送者。トレードマークのマスク姿でさまざまな企画を自ら考案し、実施している。
コミュニティ:co1827022
ガジェット通信記者リンク:
https://getnews.jp/archives/author/midori

前のページ 1 2 3
access_time create folderエンタメ

横山緑

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧