Sonyのスマートフォン向け“Lens-Camera”「DSC-QX10」の製品画像が流出(更新:DSC-QX100の製品画像を追加)

access_time create folderデジタル・IT

Sonyが開発しているスマートフォン向けの“Lens-Camera”のうち、下位モデルとみられる「DSC-QX10」の製品画像と機能に関する情報がデジカメinfoで公開されました。「DSC-QX10」は、1/2.3型の1,800万画素Exmor Rセンサー、Gレンズを採用したF/3.3-5.9 25-250mm光学10倍のズームレンズ(光学手ブレ補正付き)を備えたデジカメクラスの性能を持つ製品。操作はスマートフォンの画面を利用して行い、スマートフォンにマウントして撮影することはもちろん、QX10を手に持ったり、三脚にマウントして操作することも可能。機能面では、撮影シーンの自動選択検出、最大[email protected](MP4形式)の動画撮影も可能とされています。形状は流出したマニュアル画像のものと一致していますね。今回の画像はボディカラーがホワイトのものですが、ブラックも存在すると予想されます。「DSC-QX10」の価格は、台湾では6,900台湾ドル(約22,500円)と伝えられていました。

更新:「DSC-QX100」の製品画像です。

Source : デジカメinfo



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、年内にもSense 6.0を搭載したスマートフォンを発売する計画
HTCの”Zara”は「Desire 601」として発売?
2013年Q2のインドスマートフォン市場、現地メーカーMicromaxがシェア22%を獲得し2位に浮上

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧