ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『海月姫』本日公開! 掲載誌『Kiss』は『海月姫』『東京タラレバ娘』同時掲載の”東村アキコ祭り”
  • 辻元議員映画を絶賛「サッチャーさんは土井たか子さんと重なる」
  • 山寺宏一の新「フレンド・ライク・ミー」生披露に中村倫也もノリノリ! 映画『アラジン』スペシャルイベント
  • ポップで謎な生首スリラー? ライアン・レイノルズ×アナ・ケンドリック『ハッピーボイス・キラー』公開決定
  • 「ゆうばり国際映画祭2015」テーマは“世界で一番、楽しい映画祭” 怪獣絵師・開田裕治によるビジュアルも
  • 『銃夢』実写映画化『アリータ:バトル・エンジェル』にダニー・トレホが出演していないのはなぜ? 大きな“目”の変化から機甲術のコンセプトまでロバート・ロドリゲス監督が明かす
  • いい感じにキチってます! 「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん Season2」本日発売
  • 【全文掲載】日本発企画『サイモン・ペッグだけど質問ある?』回答到着! 「本当の幸せとは、人生における甘さと苦さを理解することだよ」
  • 「いままで読んできたコミック代を取り返すつもりだよ(笑)」 ローレンス・フィッシュバーンがマーベルとDC作品両方に出演することへの心境を語る
  • なんてキレイなジャイアン!木村昴の爽やかで陽気な歌声公開 映画『スモールフット』本編歌唱シーン
  • 『オデッセイ』の原作者アンディ・ウィアーとリドリー・スコット、20世紀FOXで新作映画を開発へ
  • 実写映画『銀魂 パート2』役柄変更の佐藤二朗「俺の役は間違いなく、“神楽”だ。ちょっとそれ以外考えられない」
  • タートルズ専用バトルトラックの機能を大公開 最新作でもドナテロさんの才気が爆発!
  • 大女優は“怖いママ” メリル・ストリープが「ベルリン国際映画祭」で表彰
  • 『Eddie The Eagle(原題)』レビュー(4/5点)【ひろゆき】
  • “結末が全く予想出来ない”映画ファンが震えた傑作ミステリー『手紙は憶えている』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

海外漫画家による漫画「完全リメイク」ビジネスとは―

インドネシア版

20日、株式会社TGライツスタジオ(東京・渋谷)とコンパス・グラメディアグループの出版部門・M&C(インドネシア・ジャカルタ)が、日本で人気を博した漫画作品を現地の作家により完全リメイクする新ビジネス「完全リメイク(ローカリメイク)」を発表した。

【関連:インド版「巨人の星」ニコニコ先行配信決定―いろいろ設定が変わってて面白いよ】

ドラゴン桜

今回発表された「完全リメイク(ローカリメイク)」とは、日本で既に発表された漫画を現地の文化や風習にあわせて、現地の漫画家が描き直し出版するというビジネスモデル。
そして、そのビジネスモデル第1作にはテレビドラマ化もされた「ドラゴン桜」(作:三田紀房/掲載誌:週刊モーニング)が決定している。

日本の漫画はかつてから海外でも出版されているが、国によっては本来左開きの習慣がある国や、描かれる内容に日本独自の習慣や風景が含まれるなどし、「現地人に理解が難しい」と判断され、その作品が日本でどれだけ人気でも出版に至らないケースや出版しても現地では受け入れられないケースが発生していた。

例えば過去には、左開きの習慣がある国では、漫画原稿をわざわざ反転させ無理に左開きに合うようにして出版されたケースがある。勿論、本来の絵柄を無理に反転させるため、絵のバランスが崩れてしまうなどの問題があった。
また、フランスで出版された「めぞん一刻」(作:高橋留美子/掲載誌:ビッグコミックスピリッツ)の場合には。登場人物達が炬燵を囲んで「たこ焼き」を食べるシーンが描かれている。そのシーンを見たフランス人は「たこ焼き=ショコラ」と勘違いし読みすすめていたという。

それが今回行われる「完全リメイク」では、新たに描き下ろされるため、どちら開きの習慣にも対応可能。そして「ドラゴン桜」を例にすると、主人公はインドネシア人の学生、東大を現地の有名大学へと設定を変えるなど、出版する国の社会背景や文化に即した作品にリメイクされるため独自の風習さえもカバーできる。

つまり、今回の「現地リメイク」ビジネスでは、絵から新たに描き起こすことにより、そうした海外出版の壁となっていた部分を取り除くことが最大の利点。

TG社によるとこの第一弾(9月中旬予定)を皮切りに、今後、ローカリメイクに適した日本国内の漫画を選定し、インドネシアにおいてリメイク作品を連続的にリリースしていくほか、インドネシアで事業を確立した後は他アジア諸国への展開も視野に入れ、事業の拡大を目指すとしている。

ただ、原作ファンは勿論海外にも大勢いるため、今回のビジネスモデルが全て受け入れられるかといえばそういう訳にもいかない。だが、原作・リメイク両方が出版されることになれば、作品のファンは倍になる可能性も秘めており、今後の展開次第ではその動向がさらに大きく注目されることになる。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき