ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頭の中のスタック

頭の中のスタック

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

頭の中のスタック

「34歳にして知った事実」 2013年08月12日 『はてな匿名ダイアリー』
http://anond.hatelabo.jp/20130812003347

これ面白いな。「八百屋にりんごが売っていた」という話からどこまで思考するか。算数の問題なら八百屋自体にはたいした意味がないと考える。主婦の立ち話なら、「近所のどの八百屋だろう?」と思いを巡らすかもしれない。

そう考えると「八百屋にりんごが売ってたんだけどさぁ」「あ、そういえばこの前、田舎から送ってきたりんご美味しかったよ」「俺が話してる途中だろ!」というような会話も、想像力(連想力)が過剰なだけかもしれない。

小さな子供の思考って、連想主体だよな。次から次へと話題がそれていく。思いついたことは口にしないと気がすまない。「花瓶に花がいけてあるとすると」「どんな花?ねえ何色の花?」みたいな。

   *   *   *

成長すると相手の話を聞きながら途中で思いついたことでもすぐに口にせずに、頭の中のスタックに積んでおく。で、ひと通り本題の話が終わった後に、そういえば~と切り出す。

でもこれって結構脳に負担がかかる作業。積んだまま忘れてしまうし、気になって本題の話に身が入らなかったり。脳は一時的な記憶と恒常的な記憶の部分があるという。このスタックは一時的な記憶を消費するのだろう。だからそこに情報を保持していると思考の負担になる。

人間はすぐに理解できないことを、とりあえずこのスタックに積んでおくのかもしれない。話の先を聞けば理解できるようになるかもしれないし、途中で質問して相手の話の腰を折るのも気が引けるし。で、このスタックが満杯になると、「あ~お手上げ~」となるのかもしれない。

   *   *   *

しかしこういうのを考えると、サヴァン症候群とかも、普通の人間が不要と捨て去ってる情報を、膨大な脳のリソースを使って記憶したり処理したりしてるのだろうなと、つくづく思う。

「サヴァン症候群」 『Wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/wiki/サヴァン症候群

なにかとコモディティ化を否定し、オンリーワンが尊重される現代、人類の未来の形はこういう方向に向かったりして。もし1万年後も人類がいたら、それぞれの能力に特化した種族に分かれていて、分業しているかもしれない。ひたすら計算が得意な種族、暗記が得意な種族、体力が秀でた種族、…魔法が得意な…って違うw。もっとも我々が自覚してないだけで遺伝子的にはすでに分かれてるのかもしれないけど。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年08月15日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。