ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉木りさの“処女小説”その中身とは?

吉木りさの“処女小説”その中身とは?
 タレント・グラビアアイドルの吉木りささんによる書き下ろし長編小説『誰かさんと誰かさんがネギ畑』(竹書房/刊)が6月20日に発売された。
 吉木さんが小説を書くのはもちろん今回が初めて。自身が「26歳を目前にして、新たな挑戦をしました」と語る処女作はコミカルながらも心温まる、読者をホッとさせる仕上がりになっている。

 中学時代の恩師である「沢田先生」の急逝がきっかけとなり、卒業してから10年、避け続けてきた同窓会に出席することにした岩田幸恵。
 中学時代のクラスメイトたちに“ハブられてきた”過去ゆえに同窓会に足が向かなかった幸恵だったが、久しぶりにあった元クラスメイトたちはそれぞれに大人になり、当時印象の薄かった彼女に戸惑いながらも会の輪に入れる。そして、「沢田先生」が結びつけたかのように、どさんこ(幸恵)、コロちゃん、マチコ、ジーコの、今も昔も“パッとしない”25歳女子4人は意気投合、当時の思い出話はもちろん、互いの仕事や夢、恋愛を語り合いながら、なりたい自分や幸せな未来を模索し、奮闘するが…。

 コメディタッチで描かれ、若い女の子らしく脱線を繰り返しながらも軽快な会話が中心とあって、スピーディに物語が展開し、読みやすい。作中の随所で光る、実際にガールズトークで使われていそうなちょっとしたユーモアも読みどころだ。
 吉木さんの出身地である千葉県を舞台としているこの作品だが、本人はあとがきで“自伝”ではなく、かといって全てフィクションでもない“パラレルワールド”のお話だとしている。
 グラビアアイドルとしての顔がクローズアップされている吉木さんだが、幼少期から民謡に親しみ、歌手としてのデビュー曲は坂本冬美のカバーという、一風変わった経歴の持ち主。
 そんな経歴を踏まえると、この作品で描かれている4人の女子のそれぞれには、そんな吉木さんが自身を投影しているのでは、と思わず邪推してしまうポイントがあることがわかるはず。それだけに、彼女たちが語る“恋バナ”のどれかは吉木さんの実体験ではないかと考えながら読み進めるのも、ファンならば楽しいはずだ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
綿矢りさサイン会に長蛇の列
ブックフェア美女レポート2012!
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy