板野友美が動画で自身の “推しおかし”を紹介!様々なグッズが当たる「おかしな推し活キャンペーン」開催!

access_time create folderエンタメ
板野友美が動画で自身の “推しおかし”を紹介!様々なグッズが当たる「おかしな推し活キャンペーン」開催!

スナック菓子「キャラメルコーン」、「ポテコ」、「なげわ」などを発売している株式会社東ハトは、2024年1月8日(月・祝)から5月31日(金)までの期間、推しキャラクターがデザインされた「オリジナルQUOカード」などが当たる「東ハト おかしな推し活キャンペーン」を実施しています。

また、キャンペーンの一部として、人気タレントの方々が自身の“推しおかし”を紹介する動画を3ヶ月連続で公開。第1弾では菊地亜美さんが自身のYouTubeチャンネルにて動画を公開しており、この度第2弾として、板野友美さんが2月8日より自身のYouTubeチャンネルで動画を公開しています。

おかしな推し活キャンペーンとは

「東ハト おかしな推し活キャンペーン」は、スナック5ブランド「キャラメルコーン」、「ポテコ」、「なげわ」、「ビーノ」、「あみじゃが」の11商品を対象としたキャンペーン。箱推しコースと単推しコースの2つのコースがあり、抽選で合計1,000名の方に推しのQUOカードなどが当たります。

箱推しコース

箱推しコースは期間中に対象商品の5ブランドすべて(「キャラメルコーン」、「ポテコ」、「なげわ」、「ビーノ」、 「あみじゃが」) を1個ずつ購入することで応募が可能。5ブランド全てのキャラクターがデザインされた「オリジナルQUOカード5,000円分」と「東ハト お菓子詰め合わせ」が、抽選で100名の方に当たります。

単推しコース

単推しコースは対象商品のうち1ブランドにつき2個購入で応募が可能。選んだブランドのキャラクターがデザインされた「オリジナルQUOカード1,000円分」と「オリジナルカードホルダー」が、抽選で900名(5ブランド×各180名)の方に当たります。

そして、今回は単推しコースの賞品である「オリジナルカードホルダー」を紹介。現在制作中のカードホルダーのデザインを特別に見せていただきました。ボア素材にキャラクターが刺繍されたデザインとなっています。

板野友美さんが自身の“推しおかし”を紹介

[https://youtu.be/gvCmcvlwKeQ]

今回、キャンペーンの一環として、板野さんが自身の YouTubeチャンネル(友chube【板野友美】) にて “推しおかし”を紹介する動画を公開。「【おでかけvlog】2歳の娘とずっと気になってた場所へ【ソレイユの丘】」というタイトルで、「ポテコ」と「なげわ」を紹介しています。

娘さんと素敵な公園に来た板野さん。楽しく遊んだ後、みんなで“推しおかし”の「ポテコ」と「なげわ」を食べていきます。指に「ポテコ」や「なげわ」をはめてポーズを決める「Ringsポーズ」を披露するなど、楽しくトークを行いながらお菓子を紹介してくれました。

毎回異なる人気タレントたちが “推しおかし”を紹介してくれる今回のキャンペーン。賞品をゲットしたいという方はぜひ参加してみてください。キャンペーンの詳細は以下の通りです。

「東ハト おかしな推し活キャンペーン」詳細

応募期間 2024年1月8日(月・祝)~2024年5月31日(金)

第1回締切:2024年3月31日(日)

第2回締切:2024年5月31日(金)

※レシート対象期間:2023年12月1日(金)〜2024年5月31日(金)

応募方法

キャンペーンサイトからの応募となります。対象商品を購入したレシートを撮影し、キャンペーンサイト内の応募フォームより、必要事項を入力の上、送信してください。

※レシートは1枚でも複数でも応募可能です。

※応募に際してはキャンペーンサイト内の応募規約をご確認ください。

お問い合わせ

TEL:0120-543-159

(受付時間:土・日・祝日を除く 月~金10:00~17:00)

キャンペーンサイト

https://www.tohato.jp/oskt/

  1. HOME
  2. エンタメ
  3. 板野友美が動画で自身の “推しおかし”を紹介!様々なグッズが当たる「おかしな推し活キャンペーン」開催!
access_time create folderエンタメ
マガジンサミット

マガジンサミット

TVと雑誌がコラボ! 雑誌の面白さを発見できるWEBマガジン 自分が欲しい情報を、効率よく収集できる「雑誌」 ライフスタイルに欠かせない「雑誌」 ちょっと雑誌が欲しくなる、もっと雑誌が読みたくなる、そんなきっかけが生まれるように、TVやラジオ番組の放送作家たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます!

ウェブサイト: http://magazinesummit.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。