『セマンティックエラー・ザ・ムービー』をBL好き・映画好き・韓国好きが観てみた! 「GANG PARADE」月ノウサギ&テラシマユウカ&チャンベイビー“推しポイント” 語り

access_time create folder映画

社会現象を巻き起こし、韓国BL の歴史を塗り替えた、全てが正反対な二人の予測不能な恋を描いた青春BLドラマ「セマンティックエラー」の劇場版、『セマンティックエラー・ザ・ムービー』が前編・後編の2部作で【前編】が公開中、【後編】が1月26 日(金)より公開となる。

原作は、韓国電子書籍プラットフォームRIDIBOOKS で、2018 年BL 小説大賞を受賞した「セマンティックエラー」(すばる舎刊)。韓国動画配信サービスWATCHA で実写オリジナルドラマが制作され、配信されるやいなや爆発的な人気でハマる人が続出、一大シンドロームを巻き起こし、世界中のBLファンの間で熱狂を呼んだ。セマエラの勢いはとどまることなく、短編アニメ、ウェブコミック、オーディオドラマが展開され超絶人気コンテンツへと成長。

本作の魅力は、なんといっても、主人公二人<秀才で変わり者な完璧主義者の大学3年生チュ・サンウと学校イチのカリスマで自由奔放なイケメン・モテ男のチャン・ジェヨン>のキャラクターと、主演の二人がシンクロすることでうまれる最高のケミストリー。最低最悪の出会いから、ぶつかり合って惹かれ合い、お互いへの気持ちに気づいて恋が一気に走り出す――。

今回はこの『セマンティックエラー・ザ・ムービー』の魅力を、13人組グループ「GANG PARADE」の月ノウサギさん、テラシマユウカさん、チャンベイビーさんに語ってもらいました!

BLコミックがお好きな月ノさん、映画好きのテラシマさん、渡韓経験があり韓国カルチャーに詳しいチャンベイビーさんがどう“セマエラ”を感じ取ったのか?それぞれの視点もぜひお楽しみください。

飽きさせないストーリーに萌え展開の連続「思わず叫びました」

――皆さんには『セマンティックエラー・ザ・ムービー』の前後編をご覧にいただきましたが、率直なご感想はいかがですか?

テラシマ・月ノ・チャンベイビー:最高でした!

テラシマ:BL作品と言われるものを初めて観ました。普段から映画をたくさん観るのですが、同性同士の恋愛ということで偏見や障害を乗り越える描写が多いなと感じていたので、こうやって性別関係無く純粋な恋愛をするという所がとても新鮮でした。偏見が無い世界での純粋なこの2人のやり取りを見れて、こういう世界もいいなあって。

月ノ:日々BLを嗜んでいるのですが、基本的に漫画が多くて、実写のBL作品をあまり観たことなかったんです。その中でも、映画で韓国のBLものに初めて触れさせていただいたんですけど、もう、あの、10回ぐらい叫んでました。良すぎて!!前後編合わせて3時間ぐらいある長い作品ですが、すごくあっという間だったし、飽きさせない展開が素晴らしかったです。BL好きとしての王道展開満載で「たまんない!」ってなりました。

チャンベイビー:韓国の作品は好きで結構観ているのですが、私も韓国BLは初めてでした。まずファッションなどに韓国らしさを感じられたのと、パク・ソハムさんの出演するドラマを観たことがあったので、相変わらずイケメンだな〜〜!!って。

月ノ:イケメンすぎた…。これはBLあるあるでもあるのですが、2人ともお互いの寝顔にときめいちゃうところ!

チャンベイビー:そう、そう!!

テラシマ:もうさ、嫌いなやつでもさ、もうキュンってしちゃうよ。あんなに綺麗な寝顔だったら!

――見惚れちゃいますよね…。他に気になったシーンはありましたか?

チャンベイビー:ジェヨンが腕を切ってしまって、サンウが手当てをしてあげる時に「嫌なことは嫌だけど、ありがたいことはありがたかった」といった感じのことを言いますが、これまでツンツンだったサンウのその素直さが良いなって思いました。

月ノ:(うなずく)

テラシマ:私は笑ってしまったシーンなのですが、ジェヨンが全身赤い服で登場した時に「こういうアプローチするんだ」って。

月ノ:可愛いよね!

テラシマ:そういう小さな演出が面白くて、全部好きでした。

月ノ:距離が近づいてから一度大喧嘩になりますが、その後一緒にゲームを作ることになって。サンウがジェヨンに「先輩じゃなきゃダメなんだ」と言った時に、「こいつズルイ男やな!」って思って、キュンとしました。こんなこと言われたら、どんなに怒っておても、「うん」って言っちゃうよねって。ジェヨンから隠しきれない喜びが見えて良いシーンだなと思いました。

黄金の身長差、2人の性格のギャップにキュン

――皆さんはズバリ、ジェヨン派ですか?サンウ派ですか?

月ノ・テラシマ・チャンベイビー:ジェヨンです!

月ノ:ジェヨンの健気なところが良いなって。最初はイヤな奴感があったのですが、全部観終わると全然印象が変わりました。最初はサンウが振り回す側かと思いきや、最後の方にはサンウが振り回していて、ジェヨンが振り向かせようと頑張る所がめっちゃ推せます。

テラシマ:どちらもいい奴なんですよね。自分の悪いところをちゃんと認められる2人だったから、どちらも素敵で。でも、ツンデレよりは健気なタイプの方が好きなのでジェヨン派だなと思います。

チャンベイビー:まず、お顔が好きです(笑)。あと、ジェヨンって昔は遊んでいたのかな?と感じさせる描写があって、その中で「今回の恋愛は特別だね」みたいなことを友達が言っていたのが良いなって。イケメンなだけではなくて誠実さもあるところが好きです。

――映画のヴィジュアルなどを観ると、ジェヨンの方が強いのかな?という感じがしますけれど、サンウがずるかったりしますよね。

テラシマ:サンウは唇が好きです(笑)。

チャンベイビー:分かる、分かる!笑った時の口がなんかウサギみたいで可愛い。

テラシマ:普段笑わないからこそ、そんな顔するんだというギャップも良いし、ジェヨンの唇が薄くて、サンウの唇が厚めなのも良い。

チャンベイビー:ジェヨンが「1分後にキスする」みたいな予告をするの、サンウからキスして…!

月ノ:そう!!そこでキスすると思わなくて、ビックリして!

チャンベイビー:叫んだ!

月ノ:全部サンウからアクションを起こしてるのが、見た目に反して積極的でズルイ!

――あれは叫びますね(笑)。

月ノ:これもBLあるあるだと思うのですが、2人の身長差がめちゃくちゃ黄金比だなって思っていて。で、こういうシーンとかの身長差にめちゃくちゃ萌えていました。

――パク・ソハムさんが身長190cmオーバーで、パク・ジェチャンさんも180cm近いそうです。(※諸説あります)

テラシマ:そんなに大きいんですね!確かにこの身長差は絵になるというか、バランスが美しかったです。

ファッションや髪型を見ているだけで楽しい!韓国カルチャー的なオススメ要素は?

――チャンベイビーさんは韓国で生活された経験もあると思うのですが、韓国カルチャー好きとしての注目ポイントはありましたか?

チャンベイビー:ジェヨンがバイトの休憩中に路地裏に出てきて、サンウと喋っているシーンで、サンウがジェヨンのことを韓国語原文のセリフでは「ヒョン(お兄さん)」と言っていて。字幕とは少し違うかもしれないのですが、それまでは「先輩」と呼んでいたのに、急に“ヒョン呼び”になってズルイ!!ってなりました。

月ノ:ズルかったよね。あれ。

テラシマ:あれ、ズルかったよね。

チャンベイビー:「先輩」より距離感がきっと1ランク上の「お兄さん」になっていて、キャー!って。サンウのことを“サンチュ”と呼んだり、韓国のあだ名文化っぽい所が本当に可愛かったです。

テラシマ:そういうのも韓国作品ならではなのかもしれないですね。日本だとなかなか「お兄さん」と言うことは無いから。

チャンベイビー:あと、これは勝手なイメージなんですけど、韓国作品って激しい展開が多いし、BLに出てくる女の子って意地悪だったり、邪魔する子が多い印象だったのですが、ユナもジヘもすごく良い子で。ジヘがサンウに振られた後に「あなた良い方向に変わったね」といったことを伝えていて素敵でした。

月ノ:ユナが良い役回りをしていて、素敵すぎるお姉さんで。

テラシマ:本当いい女すぎたよね。

月ノ:友達になりたい。

チャンベイビー:ユナはファッションもすごく可愛いくて、韓国ファッション好きの方も注目だと思います。髪型も見ていて楽しい。

キャラクター設定が見事すぎる! BLファン・映画好きも納得のストーリー

――テラシマさんは映画がお好きでコラムの連載もされていますが、映画好きの方にこの作品をオススメするとしたらいかがですか?

テラシマ:これまでのBL作品のイメージなのですが、キャラクターの職業の設定が大きく物語に関係することってあまり無いなと思っていて。あくまで物語の背景として職業や職場についての設定が多い気がしていました。でもセマエラの登場人物は「ゲームを作る」という共通した目標を持っている学生であることがすごく効いているなと思って。最初はお互い嫌いだけれど、一緒にプロジェクトを進めなきゃ…みたいなキャラクター作りの仕方がすごく上手だなと思いました。演出も映像もタイトルまでにも一貫していて素晴らしいなと。

――確かにそうですよね、自然な形でキャラクター設定と物語が絡んでいて。

テラシマ:私はこれまで韓国映画をしっかり観れていなくて、今年は観ていきたいなと思っていたので、さすが演出が凝っているなあと感じました。

――BL好きの月ノさんから見るオススメポイントはどんなことですか?

月ノ:まず、BLの王道を浴びたい人は絶対観ていただきたいと思います!あと、BLって、お互いそんな好きじゃないけれど段々好きになるパターンってめっちゃあると思うんですけど、セマエラの2人って嫌いレベルがめっちゃ高かったじゃないですか。私は映画の最初1時間ぐらい観た時に、「え、こっからどうやって好きになるの?!」みたいなレベルで心配になったんですね。そこから恋愛に発展し、発展していくドラマがめちゃくちゃ面白かったんで、展開が読めないワクワクは他のBLよりめちゃくちゃありました。

――もう嫌いのレベルが“事件”になってしまうほどでしたものね。正反対と表現出来ないほどの2人でした。

月ノ:アニメも拝見したのですが、結構刺激強めで(笑)。こちらも観たい展開がたっぷり入っていたので、見逃さないでいただきたいです。

正反対なタイプに惹かれる?似ているタイプに惹かれる?感想戦が盛り上がる映画

――皆さんは、自分と似ているタイプに惹かれますか?正反対なタイプに惹かれますか?

チャンベイビー:私は正反対派です!

テラシマ:う〜ん、似ている方ですかね。

月ノ:ファーストインプレッションで惹かれちゃうのは、自分と違うものを持ってる人かもしれないな。

チャンベイビー:正反対の方が自分の知らないこと知ってそうだし、喧嘩もするかもしれないけれど学べそうだなと思います。

テラシマ:
あ、でも正反対の方って「理解出来ない。この行動!」って思ってから、「でもこういう理由があったんだ」となると、逆に理解が深まるかもしれないですね。

――ちなみに、GANG PARADEのメンバーで自分と良い意味で正反対だなと思うのは誰ですか?

テラシマ:誰だろう!ココ(ココ・パーティン・ココ)かなあ。同じ状況に置かれた時に、取る行動がきっと違うだろうなって。

月ノ:なるほど! 私は「ギャンパレが学校だったら誰と仲良くなるかな」みたいな妄想することがあるんですけど、マイカ(キャン・GP・マイカ)と、セイ(カ能セイ)はクラスで話さなかった様な気がします。だからこそ、学生時代に友達にならなそうな子と同じメンバーにいて毎日楽しいんですけどね。

チャンベイビー:う〜ん誰かなあ。

テラシマ:なんとなくだけどノン(キャ・ノン)とか。

チャンベイビー:私も13人の中だったらノンかなあと思った。正反対ってわけじゃないけど、それこそ取る行動とかは違うのかもしれない。

テラシマ:13人本当に個性が強いので、みんな全然違って、それがすごく面白いんだよね。

――ぜひセマエラも皆さんで応援していただけたら!

月ノ:ココもBLの漫画をちょこちょこ読んでいて、セマエラもすごく気になっていたのでオススメします!

――GANG PARADEの楽曲が「Träumerei」がBLドラマ『体感予報』OP主題歌となっていましたね。MVにはたくさんのコメントがついています。(https://www.youtube.com/watch?v=kzxlfqCUCi4)

月ノ:たくさんの反響をいただいて本当に嬉しかったです。私はもともと原作者の鯛野ニッケ先生の漫画が大好きで、「BL作品の主題歌に決定しました」ということを先に聞いていたので、『体感予報』だと分かった時は叫びました。ナス(アイナスター)も好きだった様で、2人で絶叫です!

テラシマ:「Träumerei」はもともと作られていた曲だったのですが、偶然にもドラマの内容とすごくマッチしていて、それも感動しました。

チャンベイビー:『体感予報』は最初の1,2話をメンバーと一緒に観たんですが、叫びましたね(笑)。セマエラもそうですが、みんなで観て感想を言い合えるとさらに楽しいなと思います!

月ノ:『体感予報』の主題歌を担当させていただいたことで、自分のBL好きを話はじめたのですが、遊び人(GANG PARADEのファンの総称)の女の子たちとチェキを撮る時などに「オススメのBL教えてください!」と言われることもあります。今度からセマエラをオススメしていきますし、たくさんの方と感想会したいです!

――今日は3人それぞれの観点での素敵な感想を本当にありがとうございました!

月ノ・テラシマ・チャンベイビー:ありがとうございました!

撮影:オサダコウジ

作品情報

『セマンティックエラー・ザ・ムービー』


全てが正反対な二人。
最低最悪の出会いから、予測不能な感情と行動が起動、完璧だった日常がバグりはじめる―。

【STORY】
コンピューター工学科の大学 3 年生チュ・サンウ(パク・ジェチャン)は、学科イチの秀才で変わり者。規則通りの毎日を過ごし、自分のルーティンを乱されることを何よりも嫌う完璧主義者。一方、デザイン科の4年生チャン・ジェヨン(パク・ソハム)は、学校イチのカリスマでモデル並みのイケメン・モテ男。自由奔放で感性のままに生き、卒業後は、留学を控えている。ある日、サンウは、グループ課題の講義を一人で発表する羽目になり、不参加メンバーを教授に通報。サンウと同じグループだったジェヨンは、講義をさぼったことで卒業が取消しになってしまう。将来を台無しにされたジェヨンは、サンウに恨みを抱き、彼を探し出して、完璧に計算されたサンウの日常を崩そうと嫌がらせを始める。そんなジェヨンを自業自得とばかりに毛嫌いするサンウだったが…。

2022 年/韓国/前編:95 分 後編:106 分/カラー/2K ビスタサイズ/5.1ch/原題:시맨틱 에러: 더 무비/英題:Semantic
Error: The Movie ╱翻訳:小西朋子
原作:J.Soori 「セマンティックエラー」(すばる舎)
監督:キム・スジョン
出演:パク・ソハム、パク・ジェチャン
提供:トムス・エンタテインメント
配給:ブシロードムーブ/トムス・エンタテインメント
c2022 Watcha All Rights Reserved.
公式 HP: semaera.jp /X:@semaera_jp

プロフィール

GANG PARADE
「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、月ノウサギ、キラ・メイ、チャンベイビー、キャ・ノン、ナルハワールド、アイナスター、カ能セイの13人からなるアイドルグループ。

https://www.gangparade.com
https://www.youtube.com/channel/UCsmIpNjiIFuh6nwndZ5Ngdw
https://www.instagram.com/gang_parade_official/
https://www.tiktok.com/@gang_parade
https://twitter.com/GANG_PARADE

◆月ノウサギ
https://twitter.com/TSUKIUSA_GANG
https://www.instagram.com/tsukino_gang

◆テラシマユウカ
https://twitter.com/YUYU_GANG
https://www.instagram.com/yu_yu_gang/

◆チャンベイビー
https://twitter.com/_BABY_GANG
https://www.instagram.com/changbaby_kiss/

  1. HOME
  2. 映画
  3. 『セマンティックエラー・ザ・ムービー』をBL好き・映画好き・韓国好きが観てみた! 「GANG PARADE」月ノウサギ&テラシマユウカ&チャンベイビー“推しポイント” 語り
access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。